お正月の食べ過ぎをリセットする期間は?方法は食事とストレッチ?

daietto

 

お正月は、つい美味しいものを食べ過ぎて

しまいふと気が付くと体重が増加・・・・

 

仕事が始まるのに、服がぱつんぱつんに

なってしまった_| ̄|○

 

 

どうしても、お正月は気の緩みもあり食べ過ぎ

たり飲み過ぎてしまうんですよね^^;

 

そこで、お正月の食べ過ぎをリセットする方法

とリセット期間をここで知って元に

戻しましょう。

 

食事やストレッチなどをして、元の体重に

戻しましょう。

もしかするとダイエットできてしまうかも

しれません。

 

スポンサードリンク

 

point8_7 (4)お正月の食べ過ぎをリセットする期間は?

お正月に食べ過ぎてしまったら、まずは早めに
リセットを始めると高い効果が得られます。

 

お正月の食べ過ぎのリセット期間は10日間!

 

 

まずは、この10日間を目安に始めましょう。

 

ついたばかりの脂肪は、皮膚のすぐ下について

水分も多くて柔らかいために筋肉が動くとすぐ

に分解されてしまうために落ちやすいんです。

 

ところが、時間がたってしまった脂肪は水分も

少なくて固くまるで霜降りのお肉のように脂肪と

筋肉がからみ合っているので筋肉が動いても根雪

のようになかなか溶けないので落とすのに時間が

かかって苦労してしまうんです。

 

だから、早めにリセットすればそれだけ早く

増えた体重は減らすことができるんです。

 

 

point8_7 (4)お正月の食べ過ぎをリセットする方法は食事とストレッチ?

お正月始の食べ過ぎをリセットするのに

オススメなのが七草粥!

 

七草粥は、消化もよくお米の量も普段の半分

以下に抑えることができ年末年始で食べ過ぎて

しまった胃腸を休ませる事ができます。

 

七草粥だけでなく、雑炊などでもOKです。

 

雑炊などにした場合、具に豆腐などの植物性の

タンパク質を中心としたものを選ぶとさらに

いいんです。

 

おかゆや雑炊などにすると、炭水化物も無理

なく減らすことができます。

 

l1水分補給もこまめにすること!

 

この時、冷たいものではなく温かいものや

常温のお茶《プーアル茶・烏龍茶など》

を飲みましょう。

 

代謝や排泄を促してくれるだけでなく、空腹感

も和らげて疲れている胃腸も休ませてくれます。

 

お正月って、野菜の食べる量が普段よりも極端

に少なくなってしまいます。

 

余分な脂質を落とすのに、食物繊維を積極的に

とることがいい方法なんです。

 

ただ、ドレッシングなどをノンオイルのものや

ポン酢・塩などカロリーの低いものをかけて

食べましょう。

 

果物などをプラスすると、デトックス効果も

出るので体重をリセット効果も高まります。

 

 

とはいっても、野菜や果物を色々な種類をとる

のは難しいですよね^^;

 

お正月明けなどは、野菜や果物なども値段が

高いのでさらに積極的に摂るとなると・・・・

 

そんな時には、粉末タイプのグリーン

スムージーなどで代用してみるという方法もいい

のではないでしょうか?

 

わざわざ色々な種類の野菜や果物を買う手間も

省けて簡単に作れるので朝食の代わりに置き

換えしてデトックス効果を高めてみるという

方法もあります。

 

    

 

お正月になると、どうしても自宅でゴロゴロと

してしまいがちそこでいつもよりも遠くの神社

仏閣まで初詣に出掛けて運動してみるという

方法はいかがでしょうか?

 

その他にも、通勤の時にいつもよりも一つ手前

の駅で降りて自宅まで早足で歩いたり

エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を

利用するなどして脂肪を燃焼しましょう。

 

身体の冷えも、脂肪が燃焼しにくくなり

太りやすくなります。

 

スポンサードリンク

 

体の冷えを解消する方法として、入浴が

効果的です。

入浴は、脂肪燃焼を促してダイエット効果も

期待できます。

 

一番効果的な入浴方法は、チョット熱めの42℃

のお湯に首から下まで3分入って5分休憩これを

3回繰り返します。

 

かなり、汗がでるので入浴前と後には水分補給を

しっかりとおこなってください。

 

この入浴中に、リンパマッサージをするとさらに

脂肪燃焼効果が高まります。

 

脇の下や足の付根、膝の裏をマッサージする

だけでもOKです。

 

入浴後のストレッチも、代謝をアップさせて

脂肪燃焼を助けてくれます。

 

 

このストレッチをするときに、ふくらはぎをよく

揉んであげると代謝をアップさせることが

できますよ。

 

ふくらはぎが、パンパンに硬くなっていたり

冷たかったり逆に柔らかすぎて弾力がない場合

全身の代謝機能が落ちてしまっている可能性

が高いのでふくらはぎのマッサージをすると

いいですよ^^

 

 

ま と め
お正月で体重が増えてしまう人って、70%

いるって知っています?そのうちの約50%は

2kgも増えているんです。

 

ついつい、お正月のお正月体重をリセット

するために冷えすぎ・動かなすぎ・食べ過ぎ

をやめるのがポイントです。

スポンサードリンク

    関連記事

    1. お正月飾りの処分の仕方!神社に持っていくの?自宅でできないの?
    2. お年玉の相場┃友達の子供にはいくら渡すべき?渡さなくてもいいの?
    3. simenawa
    RETURN TOP

    そのシワ、外からのケアだけで効果がでてる?出ていないなら身体の中からケアしてみない?

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫