インフルエンザ お風呂はいつから入ってもいいの?洗髪は?感染する?

インフルエンザ お風呂はいつから入ってもいいの?洗髪は?感染する?

 

お子さんが、インフルエンザに感染してしまった時に
いつからなら、お風呂に入ってもいいのかな?と疑問に
思いますよね。

下手にお風呂に入らせて、悪化してしまったり、他の家族に感染
してしまったりしないのか?そんな、心配でモヤモヤしているなら
ここで、その疑問と不安を解消してください❣

 

スポンサードリンク

 

インフルエンザ お風呂インフルエンザ お風呂はいつから入ってもいいの?洗髪は?

インフルエンザに感染しても、熱が37℃~37.5℃程度まで
下がっているようでしたら入ってもかまいません。

 

インフルエンザに感染してから、何日目になったら入ってもOK
と明言はできません。
というのも、その人の体調によって違ってくるからなんです。

 

熱が37℃程度と言っても、お子さんの普段の平熱が低い場合は
37℃でもまだツライと思いますし、下手をすると熱がぶり返して
しまう可能性がありますので、お風呂は避けたほうがいいんです。

病院のドクターにも、「お風呂は控えてくださいね」と言われ
ますが、実際にお風呂に入るということは運動をしているのと
同じ状態なので、体力を消耗してしまうんです。

大人の人でインフルエンザに感染して、熱が下がったので湯船に
つかったら疲れてしまって、グッタリとしてしまったという経験を
されている方もいらっしゃいます。

 

熱は出ていなくても、お子さんが体力を消耗していてグッタリと
しているときには、お風呂は避けたほうが懸命です。

その他にも、悪寒や頭痛・筋肉痛などの症状が出ていて辛い時にも
無理にお風呂に入るのは避けましょう。

体力が消耗していますので、まずは安静にして体力を回復させる
のが先決です。

とはいっても、汗をたくさんかいたりしていますので暖かい
濡れタオルで身体を拭く程度でしたらOKです。
身体を拭いてあげる程度でしたら、体力を消耗させることも
ないですし、さっぱりとして気持ちもいいので濡れタオルで
拭いてあげるといいですよ^^

お風呂に入ると行っても、湯船に浸からなくてもシャワーのみで
もOKなんです。

湯船に浸かるのは、体力を消耗させるので体力が回復し始めの
ときには、シャワーのほうが身体の負担も少ないのでオススメです。

 

気をつけなくてはいけないのが、インフルエンザの初期症状で
【強い悪寒】がすることがありますが、この時にお風呂に
入るのはNGです。

というのも、悪寒が出た後に倦怠感・筋肉痛といった症状が
出た後に、38℃以上の高熱が出たりと急速に症状が悪化していく
可能性が高いために、下手にお風呂に入ると体調が悪化して
しまう速度をさらに加速させてしまうからなんです。

入浴は、予想以上に体力を消耗させてしまいます。

 

熱も下がっているし、倦怠感や悪寒などもないからお風呂に
入っても大丈夫ね♬

熱で汗もかいて、髪の毛もベタベタだから洗髪もしておこう。
と洗髪をしてあげたいのは、わかるのですがインフルエンザから
まだ回復しきっていないなら、洗髪はしないほうが無難です。

かなり、体力が消耗していますのでシャワーを浴びるだけ精一杯
という場合が、ほとんどですし洗髪もかなり体力を消耗して
しまいますから。

もし、本人もベタベタしていて気持ち悪い❣と言っているときは
ドライシャンプーなどを使って、洗髪してあげるほうが身体にも
負担が軽いですし、さっぱり感がありますよ。

 


水のいらないシャンプースプレータイプ150ml(ドライシャンプー)[資生堂]

 

お子さんの体力がある場合は、洗髪しても大丈夫です。

ただし、お風呂から上がったらすぐにドライヤーを使って
髪を乾かしてくださいね。

髪が濡れたままの状態でいると、体温が奪われてしまってせっかく
良くなり始めた体調が悪くなってしまいます。

▲目次に戻る

 

スポンサードリンク

 

インフルエンザ お風呂インフルエンザは、お風呂で感染する?

インフルエンザはお風呂では、感染する確率が低いんです。

インフルエンザのウィルスは、気温が20℃以上湿度50%以上の
環境に弱いので感染する確率は低くなります。

それに、石けんやお風呂のお湯でインフルエンザのウィルスが
洗い流されてしまうために、さらに感染する確率は低くなるんです。

ただし、絶対に感染しないとはいえません。

というのも、お風呂の中で、くしゃみや咳などをして
それを手で防いだ後に、ドアノブなどを触るとインフルエンザの
ウィルスがドアノブへ伝染ってしまったりします。

それを、他の家族が触ってしまって感染するという可能性が
あるんです。

これはバスタオルやボディータオルを、家族で共有している場合も
インフルエンザのウィルスがタオル類に伝染ってしまいまう
可能性があるため、感染してしまう可能性が高くなります。

そう、インフルエンザは接触感染で感染してしまうウィルスだから
なんです。

お風呂場の中だけが、感染経路ではないんです。

脱衣所などで、咳やくしゃみをすれば空気中にインフルエンザの
ウィルスが撒き散らされてしまいますので、それを後から
オフロに入る家族が、吸い込んでしまえば感染してしまう
可能性があります。

これらの危険性を避けるためにも、インフルエンザに感染して
いるお子さんを一番最後にお風呂に入れるのがベストなんです。

お風呂から上がった後に、お子さんが触った場所(ドアノブなど)
を除菌シートで拭いておくと、家族が感染してしまう可能性が
低くなります。

風呂桶やボディーソープなど、お子さんが触ったり使ったりした
ところを、熱湯などをかけて煮沸消毒をしてインフルエンザの
ウィルスを、死滅させておきましょう。

これらのことから実際に、お風呂に入る時に注意しなくては
いけない注意点を紹介します。

インフルエンザ お風呂に入る時の注意事項

gabyou6お風呂の窓は閉めておく

インフルエンザのウィルスは、高温多湿に弱いためにお風呂に
入る時に窓を閉めて、高温多湿の状態にしておきます。

窓を開けておくと、冷たい外気が入ってきて身体が冷えてしまって
は、せっかく回復してきている症状が悪化してしまいます。

インフルエンザに感染しているお子さんが、お風呂から上がった
後は、お風呂場の窓をあけて空気をシッカリと入れ替えて
他の家族が、インフルエンザに感染するのを防ぎましょう。

▲目次に戻る

 

gabyou6長風呂をしない

お風呂は運動をするのと、同じ位に体力を消耗させてしまいます。

それでなくても、インフルエンザで体力が落ちている状態で
長風呂をすれば、体力の消耗が激しすぎてしまい、体調が
悪化してしまいます。

下手に長風呂をしてしまうと、お子さんの場合は気分が
悪くなってしまうこともあります。

体力も落ちている状態ですので、短時間で済ませるのがベスト❣

湯船に浸かるのは、グッタリと疲れてしまいますのでシャワーで
汗を流す程度にしてください。

お風呂から、あがる前に足に水をかけてから上がると身体の
保温機能がUPするので、湯冷めをするのを防ぐことができます。

 

gabyou6洗髪したらしっかり乾かす

体力もあって、洗髪をした場合ですがお風呂から上がったらすぐに
ドライヤーを使って髪を早く乾かしてください。

髪が濡れたままの状態が長く続くと、体温が奪われてしまい
せっかく治りかけている、インフルエンザの症状が
悪化してしまいます。

▲目次に戻る

 

gabyou6お風呂に入る前と後に水分補給をする。

インフルエンザに感染している時には、水分補給がとても重要
です。

お風呂に入れば、自然に汗をかきますので体の中の水分が
少なくなってしまいます。

それでなくても、熱などで体の中の水分が、普段よりも
不足気味ですのでお風呂に入るとさらに脱水しやすくなります。

 

脱水を防ぐためにも、お風呂に入る前に水分補給をしておいて
お風呂から上がった後にも、水分補給をしておくことで体調を
悪化させないだけでなく回復させる早道にもなるんです。

 

この時に、ポカリスエットなどのスポーツ飲料を半分の水で
割ったものを摂取するのがオススメです。
不足している水分を、効率よく摂取することができるからなんです。

 

この時に、冷たい状態で摂取させるのはNGです。
せっかく温まっている身体が冷えてしまい、免疫力も下がって
しまいます。

できれば、人肌くらいの温かさにしたものを摂取するのが一番
効果的で体温も下がりません。

▲目次に戻る

 

gabyou6脱衣所を温めておく

お風呂場は、お湯や水蒸気によって温められているために、身体が
冷えてしまうということはありませんが、脱衣所が冷えている
状態のままにしておくとせっかく、お風呂で温まった身体が冷えて
しまいます。

そう【湯冷め】をしてしまって、せっかく下がった熱がぶり返して
しまったりして体調が悪化してしまうからなんです。

 

水分補給のところでも紹介しましたが、体温が下がると免疫力も
下がってしまうので体調が悪化してしまうんです。

そのために、脱衣所へヒーターや電気ストーブなどを持ってきて
お風呂に入る前に、脱衣所を温めておきましょう。^^

もう一つ、【湯冷め】をしないためにも、お風呂場で身体の水気を
タオルでシッカリと拭き取ってから脱衣所へ移動します。

暖かいお風呂場で、水分を拭き取ってから脱衣所へ移動すれば
【湯冷め】をすることがありません。

▲目次に戻る

 

gabyou6ボディータオルやバスタオルを共有しない。

ボディータオルやバスタオルを共有していると、インフルエンザに
感染しているお子さんの、唾液や鼻水などがタオル類につく事が
あります。
唾液や鼻水にはインフルエンザのウィルスが、たっぷり含まれている
ため、ボディータオルやバスタオルに、そのウィルスがついて
しまい、そのタオル類を他の家族が使うと接触感染してしまう
可能性が高いからなんです。

インフルエンザに感染しているお子さんが使った、タオルはすぐに
洗濯をすることが鉄則です❣

▲目次に戻る

 

gabyou6お風呂を使うのを一番最後にする。

お風呂場は、高温多湿でインフルエンザのウィルスもほとんど
死滅してしまい、感染する確率は低いのですが、それでも
接触感染してしまう可能性が残っています。

そのため、他の家族が入った後一番最後に入浴をするように
します。

インフルエンザの感染を防ぐためだけでなく、一番最後にお風呂に
入ることによってお風呂場が、暖かい空気によって十分に温まって
いるので、お子さんが身体が冷えてしまうということを
防げるんです。

▲目次に戻る

 

gabyou6オフロに入った後はすぐに安静にする。

せっかくお風呂に入って、温まった身体がそのまま起きていると
【湯冷め】をしてしまい、おさまっていたインフルエンザの症状が
ぶり返してしまいます。

それだけでなくお風呂は、運動をした後と同じ状態なため
体力も消耗しています。

お風呂から上がったら、水分補給をして身体が冷えてしまう前に
お布団に入って安静にして体力を回復させましょう。

▲目次に戻る

 

ま と め

インフルエンザに感染しても、熱が37℃~37.5℃程度で
だるかったり、筋肉痛は土がなければお風呂に入っても大丈夫です。

ただし、お風呂に入るのは運動をした後と同じことなので
回復間もない時ですので、シャワーを浴びる程度にして体力の
消耗を抑えるようにしておきましょう。

そして、お風呂に入る時には次の注意事項を守ること❣
お風呂の窓は閉めておく
長風呂をしない
洗髪したらしっかり乾かす
お風呂に入る前と後に水分補給をする。
脱衣所を温めておく
ボディータオルやバスタオルを共有しない。
お風呂を使うのを一番最後にする。
オフロに入った後はすぐに安静にする。

お風呂に入ったら、湯冷めをしないように早々に

お布団の中に潜り込んで体力を回復させて

あげてくださいね^^

▲目次に戻る

スポンサードリンク

    関連記事

    1. hikouki2
    2. uirusu1
    3. インフルエンザのときにロキソニンは禁忌❢その理由は?
    4. のどが痛いのを早く直してくれる飲み物11選❢悪い飲み物6選❢
    5. リレイザを予防投与として子どもも使える?効果は?期間は?
    6. タミフルの予防投与は保険適用?それとも自費?処方してもらえる?
    RETURN TOP

    そのシワ、外からのケアだけで効果がでてる?出ていないなら身体の中からケアしてみない?

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫