布団のカビの除去方法❣対策と予防法は?

布団のカビの除去方法❣対策と予防法は?

畳の部屋がないから、フローリングに布団を
敷いて寝ていたら布団にカビが生えてしまった
((((_ _|||))))ドヨーン

布団の買い替えをするのは、資金がないから
できないし・・・今の布団、一人暮らしを
するときに親が買ってくれたものだから
捨てるのもチョット(ノ_-。)

 

お布団にカビが生えてしまった状態のまま
使っていると、アレルギーの原因になったり
してしまって健康にも悪いですよ❣

そこで、家庭でもできる布団のカビの除去方法
を紹介しますので、参考にしてみてください。

予防と対策も一緒に紹介していますので
布団のカビの除去をしたら、実践してみて
くださいね。

 

スポンサードリンク

 

reten 2布団のカビの除去方法❣

布団のカビを除去する方法は、2つ

❐重曹とエタノールを使う方法
❐塩素系漂白剤を使う方法

 

a4重曹とエタノールを使う方法

お天気の良い日を選んで実践してください。

用意しておくもの
❖消毒用エタノール
❖霧吹き
❖重曹
❖ティッシュペーパーまたはキッチンペーパー
❖スポンジ

1・一番最初に、お布団のカビ菌を
 取り除きます。

 ティッシュペーパーやキッチンペーパーを
 濡らし、布団のカビの部分をこすります。

※カビを一度こすったキッチンペーパーや
ティッシュは、ビニール袋に入れて捨てます。

キッチンペーパーやティッシュペーパーには
カビ菌がついていますので、そのまま使い
続けるとカビを広げてしまうことになります。

2・消毒用エタノールは、霧吹きの容器に
 移し替えます。

3・スプレー容器に小さじ1の重曹を入れて
 そこへ水100mlを入れて、よく振って
 溶かします。

この時に、ぬるま湯を使うと重曹が溶けやすく
なります。

 

65℃以上のお湯で重曹を溶かしてしまうと
強アルカリ性へ、変容してしまうので布団の
カビ落としに適さなくなってしまいます。

4・布団のカビの部分に、重曹水をスプレー
 して、そのまま2~3分ほど置きます。

5・2分~3分経ったら、スポンジを使って
 撫でながら丁寧にこすります。

この作業を3回ほど繰り返します。

 

もし、カビ菌がお布団の奥深くまで根深く
生えてしまっている場合は、重曹水の濃度を
上げます。

重曹を先ほどの小さじ1に+大さじ1加えて
よく溶かします。

後は、同じ作業を3回ほど繰り返します。

 

6・部屋の換気をして、先ほど重曹水を使って
 カビを除去した部分に、用意した
 消毒用エタノールを吹きつけます。

この時に、消毒用エタノールがシッカリと
染みこむまで吹きつけます。

7・消毒用エタノールをシッカリと染みこむ
 まで吹き付けたら、お布団をそのまま
 ベランダなどに干して乾かします。

 

この時に、シッカリとお布団を乾かさないと
また、カビが生えてしまいますのでくれぐれも
お天気の良い日を選んでカビの除去作業を
してくださいね。

 

消毒用エタノールを使ったのは、そのままで
使用する事ができるのと、価格が安価である
ためなんです。

無水エタノールを使う時は、無水エタノール
大さじ7を水大さじ3で割ってから使って
くださいね。

 

無水エタノールは、価格が消毒用エタノールに
比べると高いのですし、カビの除去作業をする
効果は特に消毒用エタノールだからといって
劣ることはありませんので、消毒用エタノール
で十分なんです。

▲目次に戻る

 

a4塩素系漂白剤を使う方法

羽毛や羊毛の布団では、塩素系漂白剤を使った
方法はできません。

 

塩素系漂白剤を使う場合ですが、お布団が
色落ちしてしまうという難点があります。

色落ちしてしまってもいい!という場合に
実践してみてください。

お布団の生地を傷めてしまいますが
塩素系漂白剤を使って、カビを落とす方法は
殺菌効果と漂白効果があるためにカビの
黒い斑点を薄くすることができます。

 

カビの黒い斑点ですが、完全に落とすことは
プロでも難しいので多少残ってしまうという
事は覚悟しておこなってください。

 

この時に使う塩素系漂白剤ですが衣料用の
ものでは、黒カビを落とすことができません。

お風呂で使用する、カビキラーですがこちらは
強すぎてしまうために、お布団のカビを
除去するのにはむきません。

用意するもの
❖キッチンハイター
❖泡タイプのキッチンハイター
❖タオル  数枚
❖ゴム手袋

布団に生えてしまっているカビの範囲が
小さくて、カビが生えてまだ日が浅いうちは
泡タイプのキッチンハイターを使って
布団のカビを除去します。

 

必ず、部屋の換気をしてからカビの除去作業を
してくださいね^^

塩素系漂白剤を使用するので、ゴム手袋を
してから作業開始♬

 

1・布団のカビの部分に、直接泡タイプの
 キッチンハイターを吹きつけます。

もし、泡タイプのキッチンハイターを購入
しないでキッチンハイターで作業する場合は
お湯でキッチンハイターを薄めます。

薄めたキッチンハイターを、タオルに
染み込ませて軽く絞ります。

絞ったタオルを使って、布団に生えてしまった
カビの部分を湿らせるようにしてシッカリと
キッチンハイターを染み込めせます。

 

この時に、泡タイプのキッチンハイターも
同じですがベタベタになるくらいまで

シッカリと、染みこませるのがポイントです❢

 

2・そのまま、カビの黒斑点が薄くなるか
 消えてしまうまで待ちます。

※この時に、お布団の記事が傷んでしまう
ようでしたらすぐにキッチンハイターを
落としてください。

3・お湯の中に、新しいタオルにを入れて軽く
 絞ります。

 軽くお湯を絞ったタオルで、先ほど
 キッチンハイターを染み込ませた部分を
 軽く叩くようにして漂白剤を拭き取ります。

4・乾いたタオルで、漂白剤を拭きとった
 部分を軽く叩くようにして水分を取ります。

5・ベランダなどに布団を干して、完全に
 乾かします。できれば、2日~3日連続して
 天日干しをするのが理想です。

 

スポンサードリンク

 

布団に生えてしまっているカビが広範囲で
カビの根が深い場合

1・お風呂の浴槽に、お布団が浸かるくらいに
 水をはります。

2・水をはった浴槽に、塩素系漂白剤を入れて
 よく溶かします。

3・塩素系漂白剤を溶かした水の中に、カビが
 生えてしまった布団を入れてそのまま1時間
 ほど置きます。

4・1時間経ったら、一度浴槽の水を抜いて
 新しい水を入れて足踏みをしながらよく
 すすぎます。

 この作業を2回~3回繰り返して
 塩素系漂白剤をよく洗い流します。

5・布団を浴槽のヘリにかけてそのまま1日ほど
  おいて、水気を切ります。

6・水気が切れて、持てるくらいの重さに
 なったらベランダに布団を持って行き
 干します。

 

ベランダに布団を干す時ですが、アパートや
マンションなどの集合住宅ですと、布団の水が
下の階へたれてしまうために下の階の人に
迷惑をかけてしまう可能性があります。

お風呂場で、布団の水気を切った後に
コインランドリーで、布団が乾燥できる場所が
ある場合にはコインランドリーで布団を乾燥
させてください。

 

この方法は、かなり労力がいるのとカビ菌が
布団の繊維の奥深くまで根を生やしてしまって
いる場合には素人ではカビ菌をシッカリと殺菌
できない可能性があります。

そんな時には、やはり布団のクリーニングに
出してしまうという方法でカビを除去するしか
ありません。

▲目次に戻る

 

reten 2布団のカビの対策と予防法は?

フローリングに直に布団を敷くのはNGです。

やはり、布団の下にはすのこを敷きましょう。

 

でも、すのこを敷いてもカビが生えてしまった
って話を聞いたけど・・・・

すのこを敷いたからといって、安心してしまい
布団をあげるということをしなければ
フローリングに、直接布団を敷いているのと
同じように、寝ている間にかいた汗を敷き布団
がすったままの状態になっていますので
カビが生えやすい環境になってしまっています。

 

やはり、毎日布団をあげなくてはいけません。

すのこと、除湿シートを一緒に使うと布団に
カビが生えてしまうということが激減します。

敷き布団とすのこの間に、除湿シートを敷けば
いいだけなので簡単です。


除湿シート シングル 西川 除湿マット 湿気取り シート 敷布団/敷き布団やマットレスの下に!西川リビング シリカゲル入り除湿シート/除湿マット 除湿 湿気とり マット ふとん 調湿シート 調湿敷マット 敷きパッド センサー付 西川寝具 敷き布団の下にシングル

布団にカビを生やさない予防法として
一番効果的なことはやはり、天日干しをして
布団の湿気をなくすことです。

 

しかし、仕事をしていたりするとなかなか毎日
天日干しをすることが難しいですよね。

そんな場合には、すのこで布団干し機能が
ついたものを選んだり、布団乾燥機を購入して
使うという方法で布団の湿気をとって
しまいましょう。


【シングルサイズ用 国産ひのき 高級桐材 選べます♪】【安心の国産品/夏をさわやかに♪/送料無料/ポイント5倍/組立不要】◆湿気・カビ・節電・ダニ対策♪ 布団干し機能付きすのこベッド スノコベッド 木工職人の手作り 安心商品

布団にカビを生やさない対策と予防法は
とにかく、汗をすった布団を敷きっぱなしには
しないこと。

天気が良い日には、天日干しをして布団を干す
事ができなければ布団乾燥機を使うか布団干し
機能のついたすのこで部屋干しなどをします。

 

夏場よりも、冬のほうが結露なども
おこりますので、布団にカビが生えやすい
時期です。

梅雨の時期よりも、カビが生えやすいので
念入りに、布団の湿気をとるようにしましょう。

▲目次に戻る

ま と め

布団のカビは、重曹とエタノールを使用すれば
殺菌されますので、健康被害もなく使えます。

ただ、この方法ではカビの黒斑点を消すことは
できません。

この黒斑点ですが、塩素系漂白剤を使っても
完全に落とすことはできません。

カビ菌は死滅させることはできても、カビの
色素は消えにくいんです。

特に、黒カビの黒い色素は手強くて
厄介なんです。

 

ここで紹介した、布団のカビの除去方法は
カビの根がそれほど深くなく広範囲に生えて
いない場合には有効な手段です。

カビの根が、深かったりあまりにも広範囲に
なってしまった場合は、布団を処分するか
もしくは、布団のクリーニングに出して
みるしかありません。

めんどくさがって、布団を上げることを
しなかったり、干すことをしないと再度
布団にカビが生えてしまいます。

カビを生やさないようにするには、湿気を
取り除くことが一番の予防と対策法になります。

▲目次に戻る

 

スポンサードリンク

    関連記事

    1. ダウンジャケット 洗濯 失敗
    2. ミカンの保存方法!長持ちさせる4つのポイントと期間
    3. toiresouzi
    4. コバエ駆除効果的な方法!簡単に手作りできる方法を教えちゃいます
    5. donabe3
    6. gasu
    RETURN TOP

    そのシワ、外からのケアだけで効果がでてる?出ていないなら身体の中からケアしてみない?

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫