インフルエンザの予防接種 妊婦は受けてもいいの?副作用はない?

インフルエンザの予防接種 妊婦は受けてもいいの?副作用はない?

上の子がまだ小さいし、主人も職場や通勤途中
でインフルエンザをもらってくる可能性も
あるから妊娠中にインフルエンザにならない
ためにやっぱり予防接種は受けたほうが
いいかしらε=(。・д・。)フー

副作用とか、あるのかが心配・・・・

 

妊娠中は、インフルエンザにかかってしまうと
タミフルを飲むことは安全であると言われても
心配になってしまいます。

一番いいのは、インフルエンザにかからない
ためにも、予防接種をうけたほうがいい
のですが妊娠中に受けられるのか?避けた
ほうがいい月齢の時はいつなのか?副作用は?
といった様々な疑問や不安をここで解消して
ください。

 

スポンサードリンク

 

check04_blue40x40インフルエンザの予防接種 妊婦は受けてもいいの?

インフルエンザの予防接種は、妊婦さんでも
受けていいんです。

妊婦さんがうける、インフルエンザの予防接種
の回数は1回になります。

 

ただし、あなたが卵アレルギーの場合は
インフルエンザの予防接種を受けるために
注意しなくてはいけません。

 

インフルエンザワクチンには、鶏卵の成分が
含まれているからなんです。

ただし、日本で使われているインフルエンザ
ワクチンは、高度の精製をされているので
卵の成分は極微量しか残っていません。

あなたが、重度の卵アレルギーでなければ
インフルエンザの予防接種は【接種可能】と
なりますが、うけるかどうかはかかりつけ医と
よく相談されてからの方が安心です。

 

【妊娠 28 週以降の妊婦さんは、特に
インフルエンザに感染すると
重症化する危険が高い】という声明を
世界保健機構(WHO)と発表しています。

 

妊娠中は、運動不足になったりつわりなどで
思うように食事がとれない、ということが
あったりして体力が低下しやすくなり
抵抗力も弱くなってしまいます。

そのために、インフルエンザや風邪に
感染しやすい時期でもあります。

 

こういったことからも、妊娠中にインフル
エンザの予防接種を受けておいたほうが
安心して、出産することができるんです。

 

よく、インフルエンザの予防接種は流産して
しまったり、胎児に先天異常の発生する
可能性があるから・・・という話を聞くと
思いますが、妊娠初期にインフルエンザの
予防接種を受けても胎児に異常が出たという
ような症例ももありません。

とはいっても、100%問題ない
とも言い切れないと産婦人科のドクターも
言っていました^^;

 

ただし妊娠初期は、自然流産も起こりやすい
時期でもあり、胎児の器官形成期でもあるので
インフルエンザの予防接種は避けたほうが
いいと言われるドクターもいます。

妊娠初期に、インフルエンザの予防接種を
うけるかどうか?これは、あなたの
かかりつけ医とよく相談をされてから
うけるか受けないかの判断をされる方が
安心です。

 

ワクチンには、【生ワクチン】
【不活化ワクチン】の2種類あります。

 

【生ワクチン】は、生きた細菌やウィルスの
毒性を弱めたものを摂取して、身体にその病気
にかかった場合と同じように抵抗力(免疫)
をつけようとします。

 

【不活化ワクチン】は、細菌やウィルスを
殺してしまい抵抗力(免疫)を作るために
必要な成分だけを取り出して毒性をなくした
ものです。

インフルエンザの予防接種で使われるのは
毒性のない【不活化ワクチン】が使われる
ので母体や胎児にも影響が出ることは極めて
低いとされています。

 

インフルエンザの予防接種には、防腐剤として
有機水銀(チメロサール)が入っている物が
あります。

このチメロサールは、海外では過去に発達障害
との関連性が指摘されたのですが、最近の
疫学研究ではその関連はないと言われています

 

と言われても、妊娠中の身では少しでも不安が
残るとインフルエンザの予防接種をうけるのを
ためらってしまいますよね。

平成21年(2009年)に新型のインフル
エンザワクチンができたのですが、この
インフルエンザワクチンには防腐剤が入って
いないんです。

 

この防腐剤が入っていない、インフルエンザ
ワクチンを妊娠しているあなたなら希望すれば
うけることができるんです。

時々、妊婦用のインフルエンザの予防接種が
あると言われるのは、この防腐剤が入って
いない新型のインフルエンザワクチンの
ことなんです。

 

ただし、この防腐剤の入っていないインフル
エンザワクチンは国と委託契約をした
〘受託医療機関〙にしか配分されないんです。

 

かかりつけ医の産科・産婦人科がもし
この〘受託医療機関〙でなかった時は
あなたの住んでいる市区町村へ一度問い合わせ
をしてどの病院に行けば防腐剤なしの
新型インフルエンザワクチンの予防接種が
受けられるか聞いてみてください。

この防腐剤が入っていない、インフルエンザ
ワクチンは妊娠している人が、優先的に選択
できるようになっているために、原則として
産科・産婦人科にしか配分されません。

 

普通の一般内科ではない場合がほとんど
ですので、この防腐剤が入っていない
インフルエンザワクチンをうける時には
内科を受診するよりも、産科・産婦人科を
受診するようにしてください。

 

この防腐剤の入っていない、インフルエンザ
ワクチンですが11月後半からしか
摂取できません。

都道府県によって、詳細の日程が違います

ので一度確認してください。

 

妊娠中にインフルエンザにかかってしまうと
心肺機能の悪化(肺炎)を招いてしまったり
つわり中なら脱水症状をおこしてしまったり
ということもあります。

発熱をすると、それにともなって早産したり
流産してしまう可能性があります。

 

これらのデメリットを考えると、インフル
エンザが流行する前に、予防接種を受けて
おいたほうが重症化してしまう、という
危険も回避できます。

 

インフルエンザの予防接種をうけたからと
言って、インフルエンザにかからないという
わけではなく、インフルエンザに感染して
しまっても重症化しないで、軽症で済ませる
ことができて、赤ちゃんや母体にも負担が
少なくてすむんです。

 

実際に、出産予定日の2日後にインフルエンザ
にかかってしまい予防接種を受けていなかった
妊婦さんが病院へ行ったところ胎児の心音が
おかしくなってかなり危険な状態に( ▽|||)

 

緊急帝王切開を受けて、赤ちゃんは特に異常が
なかったのですが母体のほうがかなり
危なかったという方もいらっしゃいました。

 

丸々一週間は、感染防止のために面会謝絶で
赤ちゃんにも会えないし、大事な初乳も沢山
出たのにタミフルを飲んでいたために
上げることができなかったそうです。

赤ちゃんにもつらい思いをさせて
抱っこどころか見たり触ったりすることも
できなくて・・・このお母さんは、予防接種を
しなかったことを後々かなり
後悔されたそうです。

 

こちらの、体験はかなり稀なことですが
少しでもインフルエンザにかからないように
するためにインフルエンザの予防接種をうける
という選択をすることを考えてもいいのでは
ないでしょうか?

 

普段の生活で、免疫力を UPする方法も
あります。詳しくは

yazirusi-tebukuroココアを飲むと免疫力がアップする?インフルエンザ予防に効果あり!

で詳しく紹介していますので、参考に
読んでみてください。

 

もちろん、妊娠中のあなただけでなくご主人
と上のお子さんも一緒にインフルエンザの
予防接種を受けてご家庭でインフルエンザに
【感染しない】ようにすることが大切です。

そして、日常生活で外出先から帰ったら
うがい・手洗いをする。外出するときには
マスクをするといった予防対策もキチンを
行なうことも大切です。

▲目次に戻る

 

スポンサードリンク

 

check04_blue40x40インフルエンザの予防接種 妊婦に副作用はない?

インフルエンザの予防接種を受けて、妊婦さん
独自の副作用というものはありません。

 

一般的に現れる、インフルエンザの予防接種の
副反応は稀にですが現れる可能性はあります。

インフルエンザ予防接種の副反応

・接種部位の周辺に赤みやはれが出る
・頭痛・悪寒・発熱・倦怠感
・じんましん・発疹が現れる。

 

32-10接種部位の周辺に赤みやはれが出る

インフルエンザの予防接種をうけた後に
注射を打たれた部分の周囲が、腫れたり
赤みが出たりすることがあります。

 

この反応は、軽度の副反応なので心配は
いりません。

 

この赤みやはれが出る、インフルエンザの
副作用は代表的な症状なんです。

この症状は、インフルエンザ予防接種をうけた
人の10%~20%の割合で起きます。
身体が、インフルエンザワクチンに対して
抗体ができた印なので正当な反応なんです。

2~3日ほどで、回復します。

 

腫れた場合ですが、医師から冷やすようにと
アドバイスされますが、保冷剤や氷などで
急激に冷やすのは刺激を与えすぎてしまう
のでNGです。

濡れタオルや冷えピタで、ゆっくりと冷やす
ようにすると改善しやすいんです。

▲目次に戻る

 

32-10頭痛・悪寒・発熱・倦怠感

頭痛・悪寒・発熱・倦怠感といった症状が
インフルエンザの予防接種をうけた人の
5%~10%現れる副作用です。
2日~3日ほどで症状がおさまります。

 

発熱などすると、自己判断で薬で下げようと
してしまいますが、インフルエンザの予防接種
は〘軽く病気にかかる〙ようにしているために
おこっている症状ですので脱水症状を
起こさないようにして安静にしていれば
下がります。

心配であれば、インフルエンザの予防接種を
した病院へ連絡をして支持を仰ぐといいですよ
^^

 

熱が出るのは、「それだけ身体が反応を
おこして免疫をつけようとしているため
なので、悪いことではない」とドクターも
言っていました。

 

頭痛など、あまり辛い場合でしたら
『消炎鎮痛剤』の服用でしたら問題は
ありません。

『免疫抑制剤』の薬を服用してしまうと
インフルエンザ予防接種の効力が、低下して
しまうのでくれぐれも服用しないように
注意してくださいね。

▲目次に戻る

 

32-10じんましん・発疹が現れる。

稀ですが、じんましんや発疹が過敏症となって
出る人がいますが、こちらも2日~3日ほどで
消えてしまいます。

▲目次に戻る

 

これらの軽い副反応は、インフルエンザ
予防接種をうけた直後から数日後に現れます。

 

インフルエンザの予防接種では、重篤な副作用
も本当にまれですが現れます。

・アナフィラシキー反応
・肝機能障害・黄疸
・喘息発作
・ギラン・バレー症候群
・急性散在性脳脊髄炎
・血小板減少性紫斑病

32-5アナフィラシキー反応

インフルエンザの予防接種ワクチンに、身体が
過剰な反応をおこして肘・方など広範囲に
腫れが広がって痛みや熱を伴います。

 

アナフィラキシー反応は、通常インフルエンザ
の予防接種を受けてから、30分以内に起こる
ことが多いので、摂取してから30分間は
病院でそのまま待機させるという病院も
あります。

しかしこれらの副作用は、24時間以内に
現れますので

* 嘔吐や下痢
* 血管浮腫
* 高熱やけいれん、チアノーゼ
* 声が出にくい、呼吸困難
* 意識が朦朧とする
* 発汗や急に顔が腫れる
* 全身にひどい蕁麻疹がでる

といった症状が出た場合には、すぐに近くの
医療機関を受診してください。

▲目次に戻る

 

32-5肝機能障害・黄疸

インフルエンザの予防接種の副作用としての
頻度は不明ですが、肝臓がきちんと機能しなく
なってしまう状態になります。

皮膚や白目の部分が黄色くなってしまうという
症状が現れます。

▲目次に戻る

 

32-5喘息発作

頻度は不明ですが、息をするときに呼吸困難の
症状が現れてしまいます。

▲目次に戻る

 

32-5ギラン・バレー症候群

インフルエンザの予防接種を受けて発症した
という人は1/10万

 

筋肉がうまく使えなくなり、手や足に力が
入らなくなるという症状がでます。

これらの症状は、感染してから1週間位して
から現れます。

2週間~4週間で、回復し6ヶ月~12ヶ月でほぼ
完全に良くなります。

 

ただし、中には後遺症が残ってしまう人もいて
10%程度が自力で歩行できなくなり
亡くなる方は、1%未満いらっしゃいます。

▲目次に戻る

32-5急性散在性脳脊髄炎

インフルエンザワクチン接種後、0.1%未満
ですが副作用を起こします。

 

摂取してから数日から2週間以内に呼吸困難
痙攣・頭痛・運動障害・意識障害などといった
症状が現れます。

脊髄を中心に、中枢神経に炎症が起こって
しまい重体になる可能性があります。

▲目次に戻る

 

32-5血小板減少性紫斑病

インフルエンザワクチンでの頻度は不明ですが
100万人に1人と本当に極めて稀な副作用が
現れます。

 

血液中の血小板が少なくなってしまい
出血しやすくなるので、鼻血や吐血といった
症状がでます。

鼻血や吐血といった症状が、続くととても
危険なので、すぐに病院へ受診してください。

▲目次に戻る

インフルエンザの予防接種をうけた後に
亡くなったという方は、平成24年に1例
平成25年に1例とありますが、どちらも
重い持病を持った高齢者の方でした。

 

インフルエンザのワクチンを摂取した後に
全くの副反応がでないということはありません。

 

予防接種をうけた日の体調によっては、今まで
全く副反応がでたことのなかった人でも
でてしまったりします。

 

むやみに、副反応を恐れることはありません
が、いつもと違ったりした場合などは
かかりつけ医の産婦人科のドクターや
インフルエンザの予防接種をうけた病院へ
相談することが大切です。

▲目次に戻る

 

ま と め

インフルエンザの予防接種は、妊娠中でも
うけることができます。

ただし、妊娠初期の場合は流産や胎児の
器官形成期でもあるので、インフルエンザ
ワクチンを摂取するかどうかは、かかりつけ医
とよく相談をしてから判断を下すほうが
いいのではないでしょうか?

妊娠中は、風邪やインフルエンザなどに
かかりやすくなってしまいますので
予防接種をうけたほうが、赤ちゃんにつらい
思いをさせることもないですし、あなた自身も
つらい思いをしなくて良くなる可能性が
高くなります。

 

副反応が出てしまう可能性が全く無い
とは言い切れませんが、適切な対処をすれば
むやみに怖がることもありません。

風邪やインフルエンザにかからないためにも
外出先では、マスクをして帰宅後には手洗いと
うがいを家族全員でおこなってインフルエンザ
だけでなく風邪をひかない冬を過ごして
くださいね。

▲目次に戻る

 

スポンサードリンク

    関連記事

    1. 風邪に効く食べ物でコンビニで買えるもの!┃一人暮らしの人必見!?
    2. kaze1
    3. のどが痛い(хх。)その痛みを治す食べ物15選と悪い食べ物8選
    4. kaze2
    5. ninpu2
    6. インフルエンザの検査の方法は?痛くない?結果が出る時間はどのくらい?
    RETURN TOP

    そのシワ、外からのケアだけで効果がでてる?出ていないなら身体の中からケアしてみない?

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫