紫外線対策に効果的な食べ物と飲み物は?NGな食べ物はコレ!

紫外線対策に効果的な食べ物と飲み物は?NGな食べ物はコレ!

 

紫外線が強くなってくると、お肌の老化も
すすんでしまうので日焼け止めクリームを
塗ったり日傘をさしたり帽子をかぶったりetc

 

ところが、紫外線の影響をいくら外から
防御しても効果は半減・・・・(хх。)
身体の内側からのケアをしないと!

 

そこで、紫外線対策に効果的な食べ物とNGな
食べ物をここで知って身体の中から美肌に
なりましょ♫

 

スポンサードリンク

 

Listmark_itimatu5紫外線対策に効果的な食べ物はコレ!

紫外線対策に効果的な食べ物は

・イチゴ
・リンゴ
・スイカ
・ざくろ
・ブルーベリー
・トマト
・さつまいも
・ブロッコリースプライト
・アボカド
・アーモンド
・ダークチョコレート

a4イチゴ

イチゴに含まれているポリフェノール
【エラグ酸】には、メラニン色素の生成に
関わっている『チロシナーゼ』という酵素の
働きを抑えてくれる働きがあります。

 

紫外線に当たると、それがストレスになりその
ストレスによって活性酸素が活発になって
しまいそれが原因で血液がドロドロになって
しまうって知ってました?

 

ところが、この血液のドロドロをイチゴに
含まれているポリフェノールの『エラグ酸』は
血液をサラサラに保ってくれる効果があると
言われているんです。

 

イチゴに多く含まれている【ビタミンC】は

体内でコラーゲンを生成するためには必要な
栄養素。

 

それだけでなく、アイチエイジングにも効果的
なので【ビタミンC】の含有量が多いイチゴは
効率的に摂取できるんです。

 

ただし、【ビタミンC】は一度にたくさん摂取
しても身体から排出されてしまうので回数を
分けて摂取するようにするのが効果的です。

▲目次に戻る

 

a4リンゴ

リンゴの中にも、日焼け止めの成分とケアの
成分が豊富に含まれているので日頃から
積極的にとっておきたい果物。

 

リンゴの中には、紫外線対策に効果的な
ポリフェノールがなんと100種類もあるんです
別名【リンゴポリフェノール】とも呼ばれて
います。

 

そのポリフェノールの中の一つは天然の
【日焼け止め効果】があるものが含まれて
いるんです。

 

リンゴの中にある【リンゴポリフェノール】
の中でも特に含有量が多い《プロシアニジン》
は紫外線による肌のダメージを抑制する効果
があるんです。

 

そう、コレが日焼け止めと同じ効果があると
言われているものの正体!

 

【リンゴポリフェノール】の中には
新陳代謝をアップする・抗炎症作用
メラニン生成の抑制といった日焼けをした後の
ケアにはぜひともとっておきたい効果が
と~ってもたくさん詰まっているんです。

 

その他にも、リンゴの中には【クエン酸】が
含まれていてこの【クエン酸】には抗酸化作用
があるんです。

 

【クエン酸】は、疲労物質の『乳酸』を体外へ
排出してくれますがこの『乳酸』が溜まって
しまうと血流が悪くなって新陳代謝も低下
してしまいます。

 

新陳代謝が低下してしまうと肌の細胞の
生まれ変わり(ターンオーバー)も悪く
なってしまうんです。

 

リンゴには、紫外線対策に効果的な成分が
豊富に含まれているのでその成分を余すこと
なく摂取するためには皮ごと丸かじりするのが
いいんです。

 

皮の部分には、実に含まれている
ポリフェノール類が皮には数倍も含まれて
いるからなんですよ~

▲目次に戻る

 

a4スイカ

スイカってつい果物と思ってしまいますが実は
淡色野菜^^;

 

この淡色野菜のスイカの中には日焼け予防や
日焼け後のアフターケアに必要な栄養素が
豊富に含まれているんです。

 

スイカの赤い部分には緑黄色野菜の基準値を
遥かに上回る【βカロチン】が含まれています
緑黄色野菜には、食べる部分100g当たりに
含まれるβカロテンの含有量は600μg以上と
されていますがスイカの赤い部分には同じ
100g当たりに含まれるβカロチンがなんと
830μgもあるんです。

 

この【βカロチン】は、新陳代謝を活発に
したり活性酸素を除去してくれる抗酸化作用が
あるんです。

 

スイカの中には、トマトと同じ【リコピン】も
豊富でこの【リコピン】は肌の乾燥を防いで
くれ紫外線によるダメージから肌を守って
くれる効果があります。

 

その他にも、コラーゲン生成を早めてくれたり
メラニン生成を抑えてくれる効果もあるんです。
これらの効果を相乗効果でより効果的にして
くれる【ビタミンC】もスイカの中には
含まれているんです。

 

夏になると、何気なく食べていたスイカには
紫外線対策・予防・ケアに必要なものが豊富に
含まれていたなんてビックリですよね(゚д゚)!

▲目次に戻る

 

a4ざくろ

ざくろの中には、イチゴと同じ【エラグ酸】
が豊富に含まれているために紫外線にあたった
後でも色素沈着が抑制されることから美白効果
があると言われています。

 

その他にも、美容には欠かせない【ビタミンC】
この【ビタミンC】と【エラグ酸】の相乗効果
で美白効果もWで期待できるんです。

 

紫外線やストレスによって発生する活性酸素は
コラーゲンを破壊してしまいます。

そのコラーゲンの生成を助けてくれるのが
【ビタミンC】

ざくろの中に多く含まれている
【ビタミンB群】は肌荒れを防止してくれ
肌を健康に保ってもくれます。

 

女性特有の悩みのむくみに対しても、ざくろの
中に含まれている【カリウム】が体の中の
余分な水分や老廃物を排出してくれる働きも
あります。

 

美容効果が多いざくろなのですが、実は
食べられる時期が10月中旬~1月くらいまでと
期間限定なフルーツ・・・

 

もし、いつでも効果的に摂取したいという時は
ジュースとしても販売されていますので
そちらで摂取するという方法もありますよ^^

 


ざくろジュース エストロゲン(女性ホルモン)を15倍も濃縮している、無添加・農薬不使用・無着色のペルシャ産5倍濃縮ザクロジュース。送料無料。ざくろジュース 2本セット

▲目次に戻る

 

a4ブルーベリー

ブルーベリーと言ったら、「目にいいんじゃ
ないの?」と思いますよね。

 

ところがブルーベリーの中に含まれる
【アントシアニン】は特に強い抗酸化作用が
あるために日焼け後のケアにとっても効果的
なんです。

 

紫外線を浴びた事によって活性酸素が体内で
発生されてしまいますがこれも過剰に発生して
しまうと新陳代謝を低下させて細胞を老化させ
シミ・シワを作ってしまいます。

 

この活性酸素を除去してくれるのが
〘抗酸化作用〙ですのでその力が強いと
いうことは美肌効果も高いということに
なります。

 

ブルーベリーの中には、【ビタミンC】
【ビタミンE】【βカロチン】が含まれていて
それぞれ単体でもも〘抗酸化作用〙がある
のですがこの3つは同時に摂取する事によって
相乗効果でより効果的に活性酸素を除去して
くれるんです。

 

その他にも、亜鉛・マンガン・鉄・リン
カリウム・カルシウムといったミネラルを
豊富に含んでいますがその中でも亜鉛は
新陳代謝をサポートしてくれマンガンは
活性酸素を除去するのをサポートして
くれるんです。

 

ブルーベリーの旬は、6月~8月ですので紫外線
が強い時期にフレッシュな物を食べることが
できます。

 

が、お値段が高価・・・・そこで、冷凍のもの
を摂取するかサプリメントを活用するという
方法で摂取してみてはいかがでしょうか?

 

>>全額返金保証付きのブルーベリーサプリメントを見てみる<<

▲目次に戻る

 

a4トマト

トマトの中に含まれている【リコピン】
この【リコピン】は、メラニンを作ってしまう
酵素の『チロシナーゼ』の生成を抑えてくれる
働きがあります。

 

その他にも、紫外線からうける肌のダメージを
防いでくれたりシミ・シワ・たるみそして
い肌荒れにも効果があるとうことがわかって
います。

 

【リコピン】には、【βカロチン】の2倍
ビタミンEの100倍以上もの抗酸化力があり
美肌効果が高い食べ物。

 

美肌効果を期待するとなると1日摂取する量は
普通サイズのトマトだと2~3個、ミニトマト
だと約10個分必要になるんです(^o^;)

 

これを毎日摂取するのは難しいですよね。
ところが、トマトジュースだと200g缶1本で
OKなんです。

 

これだったら、毎日無理なく摂取することが
出来ますよね^^

 

この【リコピン】ですが、実は加熱すると
増加するんです。ですから、トマトジュース
など加工されているものは生のトマトを
食べるよりも2~3倍もリコピンが吸収され
やすいんです。

 

このトマトですが、夜に摂取するといいのは
ダイエットを目的とする時。

紫外線対策や日焼け予防効果が高くなる
食べ方は、朝に食べるのがベストなんです。

▲目次に戻る

 

a4さつまいも

秋になるとおいしくなるさつまいも(*´艸`*)

実は、夏の強い紫外線を浴びた肌にはシミの
原因のメラニンを抑制してコラーゲンを作る
助けをしてくれる【ビタミンC】を多く
摂りたいのですが・・・・

 

この【ビタミンC】熱に弱いという難点がある
のですがさつまいもに含まれている
【ビタミンC】は加熱しても壊れにくいという
特徴があります。

 

さつまいもに含まれている、ポリフェノールに
【クロロゲン酸】は女性にとって紫外線による
シミを解消してくれる効果を発揮して
くれるんです。

 

その他にも、老化防止や新陳代謝がUPして
エイジングケア効果もある【ビタミンE】も
豊富。

 

抗酸化作用があるβカロチンやアントシアニン
も含まれていて食物繊維もたっぷりと含まれて
いるので腸内環境が整って便秘解消にもなる
んです。

▲目次に戻る

 

スポンサードリンク

 

a4ブロッコリースプライト

ブロッコリーも、紫外線対策に効果的な
食べ物の一つなのですがそのブロッコリー
よりもさらに効果が高いのが
ブロッコリースプライト!

 

ブロッコリースプライトに含まれている
【スルフォラファン】は、紫外線による
肌トラブルから守ってくれる効果が3つ
あるんです。

 

一つは、メラニン生成を抑えてくれるので
シミや肌のくすみをなくすので美白効果が
期待できます。

 

二つ目は、抗酸化作用があるので活性酸素を
除去してくれるので肌の老化やシワを防いで
くれる効果があります。

 

3つめは、新陳代謝を促進する効果があるので
肌トラブルが早く改善します。

 

この【スルフォラファン】なのですが
普通のブロッコリーよりもスプライトのほうが
約7倍も多く含まれているんです。

 

そして、2日~3日に1パック程度食べればOK
なのでブロッコリーが苦手という人や効率的に
紫外線対策をして美肌になりたい!という人
にはオススメな食材なんです。

 

食べるときに、酢・油・動物性蛋白質を一緒に
摂ると抗酸化力がバランスよく上がるります。
ただし、この【スルフォラファン】は熱に弱い
ので加熱するときは油でコーティングしてから
摂取するようにしてください。

 

最近では、スーパーなどでも販売されています
のでお近くのスーパーを覗いてみては?

▲目次に戻る

 

a4アボカド

アボカドに含まれる栄養素の中で特に
紫外線対策に有効な成分【ビタミンA】
【ビタミンC】【ビタミンE】【ビタミンB群】
【コエンザイムQ10】【ルチン】
【不飽和脂肪酸】が含まれています。

 

【ビタミンA】
【ビタミンA】には、肌の表面を整えてくれる
作用があり肌のシミ・シワの原因になる
活性酸素を除去してくれる抗酸化作用が
あります。

 

そのため、肌のハリ・ツヤを良くして乾燥肌や
日焼けをした後に乾燥してしまった肌のケアに
効果的なビタミンなんです。

 

【ビタミンC】
【ビタミンC】は、シミやそばかすの原因に
なるメラニン色素の生成を抑えてくれ肌のハリ
の元になるコラーゲンやエラスチンの生成を
早めてくれる働きがあります。

 

活性酸素を除去してくれる抗酸化作用も
強いため肌の老化を食い止めてもくれるんです

 

【ビタミンE】
【ビタミンE】は、細胞の老化を防止する
働きをしてくれることから
『若返りのビタミン』ともいわれています。

 

血液をサラサラにしてくれるので、新陳代謝を
高めてくれ紫外線によるシミ・シワ・そばかす
・肌荒れ・ニキビの改善のケアにも役立って
くれるんです♫

 

【ビタミンE】は、熱に弱くて酸化しやすい
のでサラダとして生で食べると美味しい
アボカドは摂取しやすい食べ物なんです。

 

【ビタミンB群】
アボカドの中に含まれている【ビタミンB群】
のB1・B2・B6・ナイアシンは、紫外線に
よってダメージをうけた肌の修復に必要不可欠
な栄養成分なのです。

 

ビタミンB1は、肌荒れの予防・改善に効果的。
ビタミンB2は、皮膚の回復能力を高めてくれ
紫外線のダメージに強い肌を作ってくれます。

ナイアシンは、血行を促進してくれる働きが
あるため新陳代謝を促進してくれるんです。

 

【コエンザイムQ10】
【コエンザイムQ10】は、とてもパワフルな
抗酸化作用を持っていてエイジングケアの
〘要〙と言われています。

 

肌荒れ防止・老化防止・美肌ケアに役立つ成分
の【コエンザイムQ10】

 

しかし、年齢を重ねたり運動不足・ストレス
かたよった食生活などの生活習慣の乱れで
20歳をピークに減少してしまう成分なんです。
普段から、サラダだけでなく色々なレシピが
あるのでアボカドは美肌になるためにも
普段から積極的に摂取すると良い
食べ物なんです。

 

【ルチン】
【ルチン】は抗酸化作用があるだけでなく
紫外線による皮膚の早期老化防止にとても
効果があるんです。

その他にも、紫外線による表皮や真皮を
保護してくれるために肌のハリや弾力を
保ってくれるコラーゲンも保護してくれます。

 

【不飽和脂肪酸】
アボガドに含まれる脂肪分の中の70%は
オレイン酸なのですがこのオレイン酸は血流を
良くして肌の新陳代謝を活発にしてくれます。

そして、抗酸化作用もとても強いんです。
このオレイン酸は、【ビタミンC】との相性も
とてもいいんです^^

 

【不飽和脂肪酸】は、天然の美容液として
日詰の再生や保湿する能力に優れているため
エイジングケアにとても大きな効果が
あるんです。

 

アボガドが、『食べる日焼け止め』
『食べる美容液』と呼ばれているのはこれだけ
美肌効果にいいものが濃縮されて入っている
のですから納得ですよね~

▲目次に戻る

 

a4アーモンド

アーモンドの中には、紫外線から肌を守って
くれる【ケルセチン】がとても多く含まれて
います。

 

その他にも、抗酸化作用が強い【ビタミンE】
も多く含まれています。

この【ビタミンE】は肌を柔らかくしてくれる
作用があり保湿作用や抗炎症作用もあり肌の
ツヤもましてくれます。

 

できれば、毎日20粒は摂取したいのでおやつ
代わりにアーモンドを食べるという方法を
実践してみてはいかがでしょうか?

 

その他、朝食のパンにアーモンドバターを
塗ったりと加工されたものも併用して摂取して
みるといいですよ^^

▲目次に戻る

 

a4ダークチョコレート

チョコレートが紫外線対策にいいのΣ(゚Д゚)

 

ただし、普通のミルクチョコレートでは
紫外線対策の効果はありません!

カカオが70%以上含まれているものでは
効果がないんです。

 

というのもチョコレートに含まれている
『カカオ』この中に紫外線対策に有効な成分が
含まれているからなんです。

 

『カカオ』の中に含まれている【カカオ
ポリフェノール】は抗酸化作用があり肌の老化
を防いだり肌の血行を促進してキメを整えて
くれるんです。

 

その他にも、身体の中にアレルギー抗体を
作りにくくしてくれる作用があるので敏感肌の
改善にもなります。

 

日焼け止めと同じ効果のある【フラボノール】
という成分も【カカオポリフェノール】に
含まれているです。

 

チョコレートに含まれる《カカオ豆》の中
だけに含まれる【テオブロミン】は新陳代謝を
高めて血行を良くしてくれる作用があるので
紫外線による肌のダメージの回復を早めて
くれます。

 

この【テオブロミン】は、食欲を抑えてくれて
基礎代謝率までUPしてくれるという効果も
あるんです(*´艸`*)

 

カカオの中に豊富に含まれているミネラル
鉄分・カルシウム・カリウム・亜鉛・銅
マグネシウム。

 

この中のマグネシウムと亜鉛は新陳代謝を
UPする働きをサポートしてくれるんです。

 

このダークチョコレートですが、食べる量は
1日50g以内。板チョコでしたら1/3~1/4位

ダークチョコレートなのですが脂質が結構多い
という難点があります。

 

そこで、純ココアを代わりに摂取してみる
という方法でしたらお砂糖をはちみつに
かえたりミルクを豆乳にかえてカロリーを
抑えてココアとして飲んでみるという方法が
いいのでは(^_^)

 

純ココアは、カカオマスから油脂である
ココアバターを取り除いて粉末にしたもので
純ココアの方がポリフェノールの成分を効率
よく摂取できて油脂や砂糖といったものを
自分で調整して摂ることができるんです。

 

それに、純ココアでしたらダークチョコレート
のように添加物を摂取しないですむという
メリットもあります。

▲目次に戻る

 

Listmark_itimatu5紫外線対策に効果的な飲み物はコレ!

・アセロラジュース
・コーヒー
・緑茶
・紅茶

 

32-10アセロラジュース

アセロラの中には、レモンの約17倍もの
【ビタミンC】が含まれています。

 

この【ビタミンC】は、シミの原因になる
メラニン生成を抑えてくれたり肌のハリを保つ
コラーゲンやエラスチンの原料にもなる
美肌には必要なビタミン。

 

しかし、【ビタミンC】は摂取しても
2~3時間後には体の外に排出されてしまう
のでアセロラジュースで毎食こまめに摂取する
のが効果的なんです。

 

その他、活性酸素を除去する作用のある
抗酸化作用の力を持つポリフェノールの一つ
【アントシアニン】も含まれているので
活性酸素を【ビタミンC】と【アントシアニン】
のWの力で除去することができます。

 

一つ難点があるのは、【ビタミンC】と
【アントシアニン】どちらも体内に蓄積する
ことができないのでこまめに補給しなくては
いけないというデメリットが有ります。

▲目次に戻る

 

32-10コーヒー

コーヒーに含まれているポリフェノールで
【クロロゲン酸】がありますがこの
【クロロゲン酸】はシミを解消してくれる
という効果があるんです。

 

コーヒー1杯には、お茶の2倍もの量約280mg
ものポリフェノールのが含まれていているので
ポリフェノールを効果的に摂取するのに
コーヒーは最適な飲み物なんです。

 

1日に2杯以上飲むのが、紫外線による
シミ対策には効果的です

▲目次に戻る

 

32-10緑茶・紅茶

緑茶と紅茶は、元々は同じお茶の樹の葉から
作られていますがそのお茶の樹の葉に含まれて
いるポリフェノールの中の【没食子酸
エピガロカテキン】はとてもパワフルで
日常的に摂取していると紫外線による
肌の老化を遅らせてくれるんです。

 

緑茶と紅茶にはポリフェノールの他にも
カテキンが含まれていますがこのカテキンには
紫外線から肌を守ってくれ皮膚の奥に紫外線が
届かいなようにブロックしてくれるを働きが
あり紫外線に対して強い肌を作る効果が
あります。

 

その他にも、日焼けをした後の肌が赤くなる
のを和らげてもくれるんです。

 

このカテキンについては、緑茶が一番多く
含まれているのでカテキン効果を期待するなら
緑茶を飲むことをおすすめします。

 

緑茶・紅茶どちらもビタミンが、豊富なために
美白効果もあるんです。

紅茶は、緑茶に比べるとカフェインの含有量が
多いのでカフェインにより利尿作用で脱水状態
にならないために5杯以上は飲まない
ようにしましょう。

 

緑茶も1日2杯~5杯位の摂取が適量です。

この緑茶と紅茶、紫外線対策には効果的な
飲み物なのですが貧血気味の方は飲むのを1日
1杯までにしてください。

 

というのも、緑茶と紅茶に含まれている
カテキンは過剰に摂取すると鉄分の吸収を
悪くしてしまうため貧血気味の人は飲む量に
注意しなくてはいけません。

▲目次に戻る

 

Listmark_itimatu5紫外線対策にNGな食べ物はコレ!

せっかく紫外線対策に有効な食べ物や飲み物を
摂取していても紫外線対策にNGな食べ物を
とっていたらその有効成分も台無しに
なってしまいます。

 

その紫外線対策にNGな食べ物は

・砂糖
・添加物
(スナック菓子、カップラーメンなど)
・ファストフード、インスタント食品
 冷凍食品
・柑橘系のフルーツ
・きゅうり
・アルコール

 

l1砂糖

ついつい、甘いモノを食べ過ぎてしまう・・・

この甘いものの中に含まれる砂糖は実は
肌を老化させてしまう活性酸素を増やして
しまうんです。

▲目次に戻る

 

l1添加物

(スナック菓子、カップラーメンなど)
添加物が多く含まれている、スナック菓子や
カップラーメンなどを多く食べていると
添加物によって活性酸素を多く発生させて
しまうんです。

 

それだけではなく、添加物を摂り過ぎると
肝臓の機能が低下してしまい体内に毒素が
溜まりやすくなってしまいます。

 

そのため、肌荒れや老化を招いて下手を
すると女性ホルモンのバランスまで崩して
しまう可能性があるんです。

▲目次に戻る

 

l1ファストフード、インスタント食品
 冷凍食品

これらの食品には防腐剤が多く含まれています。

この防腐剤は、お肌のターンオーバー
(新陳代謝)を妨げてしまい日焼けやシミの
元になるメラニンの生成を増進させて
しまうんです(~_~;)

▲目次に戻る

 

l1柑橘系のフルーツ

柑橘系のフルーツには、ビタミンCが多く
含まれているので紫外線対策に有効な食べ物
じゃないの?と思われると思いますが実は
この柑橘系のフルーツの中に含まれている
【ソラレン】という成分が問題なんです(。_+

 

この【ソラレン】は、紫外線の吸収を高めて
しまうという効果が・・・・

【ソラレン】には、光毒性があるために
紫外線に反応しやすく肌にダメージを与えて
しまうんです。

 

【ソラレン】を多く摂取してしまうと、肌に
赤みやかゆみを引き起こしシミや色素沈着
までも引き起こしてしまう可能性まで
あるんです。

 

ただこの【ソラレン】が多い食べ物の中には
ビタミン・ミネラルが豊富に含まれているため
紫外線からのダメージを回復させる働きが
あるので絶対に摂取してはいけないということ
ではないんです。

 

問題は、摂取する時間!

 

【ソラレン】は、摂取してから約2時間後には
身体中に広がって紫外線を吸収しやすくなって
しまうので紫外線が多くなる時間帯(朝食)
の時には食べないようにするのがポイント
なんです。

 

夕食時に摂取すれば、【ソラレン】も摂取して
から約8時間後には代謝されてしまいますので
夜食べるのがオススメなんです。

▲目次に戻る

 

l1きゅうり

このきゅうりにも先ほど紹介した【ソラレン】
が多く含まれているので夕食時に食べるように
すること。

 

このきゅうりの他にも、パセリ・セロリ・しそ
三つ葉といった香味野菜にも【ソラレン】が
多く含まれているので朝に食べず夜食べる
ようにすることをおすすめします。

▲目次に戻る

l1アルコール

アルコールが体内に多く残った状態で紫外線に
当たると日焼けを加速させてしまいます。

 

ついつい、開放的な気分から浜辺や山でビール
を飲むのは日焼けを助長させてしまいます
(×o×;)

 

アルコール類を飲むなら日が沈んでから
ただし飲み過ぎて翌日にまでアルコールが
身体に残っていたら意味が無いので飲み過ぎ
ないように注意しましょうね^^

 

まとめ

紫外線対策に効果的な食べ物は、女性の美肌に
大切なモノが豊富に含まれているものが多い
ので日常的に積極的に摂取したい食べ物です。

 

季節限定でしか食べられないものは
加工されたものやサプリメントで
摂取してもいいんです。

 

飲み物などと、併用してバランスよく摂るよう
にするのが紫外線対策に効果的で美肌にも
なれちゃうんです(*´艸`*)

 

ただし、添加物や防腐剤が多いものやお砂糖
などはせっかく美肌になれるようにと摂取した
食べ物や飲み物の働きを阻害してしまうので
摂取するのを控えるのを忘れないことです。

 

スポンサードリンク

    関連記事

    1. 紫外線で頭痛
    2. 紫外線は曇りのほうが強い
    3. 紫外線 肌
    4. 紫外線 影響 髪
    RETURN TOP

    そのシワ、外からのケアだけで効果がでてる?出ていないなら身体の中からケアしてみない?

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫