虫除けスプレー手作りハッカ油を使った作り方!赤ちゃんにも安心^^

虫除けスプレー手作りハッカ油を使った作り方!赤ちゃんにも安心^^

 

赤ちゃんにも安心のハッカ油を使って手作りの
虫除けスプレーを作ろうと思うんだけどレシピ
がわからない(・・?

 

ハッカ油の虫よけスプレーのレシピを
紹介します^^

効果的な使い方やどのくらいの頻度で使えば
いいのかも一緒に紹介するので使う時の
あなたの参考になれば幸いです。

 

スポンサードリンク

 

Listmark_itimatu3虫除けスプレー手作りハッカ油を使った作り方!赤ちゃんにも安心^^

ハッカ油を使った虫除けスプレーの作り方の
レシピを紹介します^^

用意するもの(約100ml分)
・ハッカ油    1cc~2cc
      (スポイトで約20滴~40滴)
・無水エタノール 10ml
・精製水     90ml
・スポイト(100円ショップのものでOK)
・スプレー式ボトル(容量100ml)

 

スプレー式ボトルですができたらガラス製
もしくはポリプロピレン(PP)ものを用意して
ください。

というのも、ハッカ油の成分の中でリモネンが
ポリスチレン(PS)を溶かす性質があるので
プラスチック製のものを使うと一晩で容器が
溶けてしまうしまう可能性があるからなんです
ガラス製のものもしくはポリプロピレン(PP)
のものを用意したほうが安全です。

 

このガラス製のスプレー式ボトルでしたら
紫外線を通さないためにハッカ油の成分を劣化
させることなく最後まで使い切ることが
できますよ。

 


生活の木 青色ガラススプレー 100ml[生活の木 アトマイザー]

 

スプレー式ボトルの中に無水エタノールと
ハッカ油を入れてよく混ぜます。

無水エタノールとハッカ油を混ぜた中に精製水
を入れてよく混ぜあわせてできあがり。

 

無水エタノールを使うのは、ハッカ油が精製水
のみでは溶けないため一度無水エタノールと
混ぜあわせてから精製水をくわえますます。

 

エタノールを加える事によって、日持ちがする
というメリットもあります。

 

無水エタノールは高いから、消毒用エタノール
を使ってはダメなの?

gimon32

 

無水エタノールよりも価格が安い消毒用
エタノールでも代用することが出来るのですが
消毒用エタノールは殺菌力が高く刺激が少々
強いので乳幼児などに使うのには少しでも刺激
が少ない無水エタノールのほうが安心して
使うことができます。

 

消毒用エタノールを使うときには、網戸など
人にスプレーをしないのであれば消毒用
エタノールで虫除けスプレーを作る
というように使い分けて作ってみては
いかがでしょうか?

 

網戸や玄関などにスプレーする専用の
虫よけスプレーを作るときにハッカ油の量を
多くすると虫よけ効果もUPします。

 


ハッカ油(20mL)[ハッカ油 アロマオイル 花粉対策]

 

精製水の代わりに水道水を使ってしまうと
ハッカ油の効果がなくなり虫除けスプレーの
意味がなくなってしまいます。

 

というのも、水道水の中にふくまれている塩素
ハッカの成分を分解してしまう可能性が
あるからなんです。

 

スポンサードリンク

 

最初乳幼児に使うときには、必ずパッチテスト
をしてからハッカ油の虫除けスプレーをして
ください。

乳幼児の場合は、まだ皮膚が薄く弱いので
かぶれてしまったり炎症をおこしてしまう
可能性があるのでパッチテストをして異常が
表れないのを確認してから使ってくださいね。

 

虫除けスプレーをお子さんにするときには
肌から20cm位離してスプレーするように
してください。

効果についてですが、一度虫除けスプレーを
したからといって半日や1日効果が継続すると
いうものではありません。

 

ハッカ油の匂いとメンソールが飛んでしまう
と虫が寄ってきてしまいます。
ハッカ油の匂いが虫にとって嫌いな匂いなため
に寄ってこないので香りが全くしなくなったり
汗をかいた時には再度虫除けスプレーを
してください。

 

汗で流れてしまわない状態でしたら約2時間
ほど効果が継続します。

このハッカ油で作った虫除けスプレーですが
冷蔵庫の中で保管するようにして1週間~
10日前後で使いきってください。

時間が経ってしまうと虫よけの効果が弱く
なってしまうので^^;

市販の虫よけスプレーには、乳幼児や幼児など
赤ちゃんへ使う場合は使用回数が限られて
います。

 

中には、6ヶ月未満の乳児には使えないという
物もあります。しかし、ハッカ油を材料に
使った虫よけスプレーでしたら安全安心で
怖いアブやハチも寄ってこないのでオススメの
虫よけスプレーなんです。

 

と入っても、ハッカ油で虫除けスプレーを作って
使っても虫に刺されてしまう時もあります。

そんな時には、ハッカ油とワセリンを使って
安全安心なかゆみ止めを作ってみませんか?

 

用意するもの
・白色ワセリン   大さじ1~2
(ドラッグストア・薬局で購入可能)
・ハッカ油     5~10滴
・耐熱容器

白色ワセリンを蓋ができる耐熱容器に入れて
ドライヤーの温風で溶かします。

そこへハッカ油をくわえて割り箸やアイスの棒
などを使ってよ~く混ぜあわせます。

 


大洋製薬 ワセリン 100g[保湿クリーム]【6_k】

 

そのまま、自然放置して冷やす。
数分で冷えて固まるので、すぐに使えますよ^^

虫に刺された部分に優しく塗るだけ。

 

汗で虫よけスプレーが流れてしまう・・・
という場合はこちらのハッカ油バームを
塗るといいですよ^^

 

同じように虫よけの効果があるので。

 

ここで紹介した方法は、精製水やエタノールを
使って薄く希釈したものを使用するので問題は
ありません。

ママさん学級などでも薄く希釈すればOKと
言っていました。

 

ま と め

ハッカ油の虫よけスプレーは、材料を一度
そろえてしまうとかなりの量が作れるために
コスパの面でもとてもいい虫よけスプレー
です。

 

最初は、少ない量のハッカ油を入れて作って
みてお子さんの成長に合わせて濃度をあげて
みるようにしてください。

 

ハッカ油を使った虫除けスプレーとバーム
ですが1週間~10日間前後で使い切れる量を
作ってください。それ以上になると虫よけの
効果が落ちてしまいます。

 

スポンサードリンク

    関連記事

    1. 浴衣帯 文庫結びの簡単アレンジの結び方!動画を使って紹介中!
    2. 浴衣の帯の洗濯って自宅でできるの?たたみ方と保管方法は?
    3. 脇汗の黄ばみ
    4. 蜂に刺された時の処置の方法は?病院は何科を受診するの?お風呂は?
    5. ダウンジャケットを洗濯するコツ自宅の場合は?ふっくらと干す方法って?
    6. ダニ駆除 布団
    RETURN TOP

    そのシワ、外からのケアだけで効果がでてる?出ていないなら身体の中からケアしてみない?

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫