カーテンのカビの落とし方簡単な方法はコレ!予防方法と対策方法は?

カーテンのカビの落とし方簡単な方法はコレ!予防方法と対策方法は?

 

ふと、カーテンをみたらなんか黒いポツポツ
したものが・・・・
それも、レースと厚手のどっちにもついて
いるのそのことを主人に話をしたら主人に
「それって、カビなんじゃないの~」って
言われてΣ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

 

このカーテンのカビを簡単に落とす方法って
ない(?_?)

 

冬の間など、結露が原因でカーテンにカビが
生えてしまうということが結構あるんです^^;

 

そこで、簡単にカーテンに付いたカビを落す
方法をここで紹介しますね。せっかく落とした
カーテンのカビが新たにつかない予防や対策
方法も一緒に紹介するので参考にして
みてくださいネ。

 

スポンサードリンク

 

ダニ駆除 布団カーテンのカビの落とし方簡単な方法はコレ!

この方法は、ご家庭で洗濯できるカーテンのみ
使える方法になります。

ただ、黒いポツポツとした黒カビが必ずキレイ
に落ちない時もあるのでダメ元で試してみて
ください。

 

point8_9s柄の入ったカーテンや色物カーテンのカビ除去方法

用意するもの
・使い古しの歯ブラシもしくはブラシ
・汚れても良いタオル 2~3枚
・洗濯用洗剤液
・酵素系漂白剤

カビが付いてしまったカーテンを一度陰干しを
してよく乾燥させます。

できたら、お天気がいい日に部屋の風通しを
良くするといいですよ。

 

使い古しの歯ブラシやブラシなどを使って
カビの部分を払います。コレで、少しカビが
落ちます。

黒いポツポツとカビが生えてしまっている方に
タオルを当てて、使い古した歯ブラシもしく
はブラシに洗濯用洗剤液をつけたものをカビが
ついていない方からトントンと叩いてタオルに
カビのシミを移します。

 

タオルは、何回か叩きだしたらずらすように
してください。

 

別なタオルを水で濡らしよく絞ってカーテンの
洗剤がついた部分の洗剤を拭き取ります。

最後に乾いたタオルで水分を取ります。

 

ここからは、酵素系漂白剤(ワイドハイター
など)を使うので念の為に柄の入ったカーテン
や色がついているカーテンを最初に色落ちが
しないかテストをしてからやってください!

 

色落ちするかの確認方法は、白いタオルなどに
酵素系漂白剤をつけてカーテンの目立たない
部分にタオルをトントンと叩いてみます。

 

この時に、白いタオルにカーテンの色が移って
しまうようなら色落ちしてしまうので洗濯する
のを諦めるか色落ちを覚悟してやるかのどちら
か?になります。

 

やるかやらないかは、あなたの判断にお任せ
します^^

もし、酵素系漂白剤を使わない時は乾いた
タオルで水分を取った後十分乾燥した後に
アイロンがけをしてください。

アイロンで熱を加える事によってカビが死滅
します。

 

酵素系漂白剤は、粉末タイプのものを使って
くださいね。液体のほうだと効果が薄くなって
しまいますので~

 

もし、あなたのお家のカーテンに絹やウールが
含まれていた場合は液体タイプの酵素系漂白剤
を使用してください。

 

酵素系漂白剤に書いてある『つけおき』
『シミ抜き』の使用料を確認してその使用量
を40℃~50℃のお湯の中に溶かし入れます。

 

洗濯機を使う場合は、お湯の温度は40℃までに
してください。それ以上の温度にすると洗濯機
が壊れてしまうので(;´∀`)

40℃以上のお湯を使う場合は、浴槽を使うと
大きなカーテンも入ります。

 

酵素系漂白剤を溶かしたお湯の中に先ほどの
カーテンを30分ほどそれ以上漬け置きをすると
カーテンが傷んでしまいますし汚れが戻って
しまいます。

漬け置き後、2~3回ほどよくすすぎます。

 

すすぎが終わったら、洗濯ネットにカーテンを
いれた状態で洗濯機にいれて『ドライコース』
で中性洗剤と柔軟仕上げ剤を使って洗います。

 

洗濯が終わったら、カーテンをカーテンレール
に干して陰干しします。

この時に、素早くカーテンを乾かさないと
せっかく落としたカビがまた生えてしまいます

 

部屋の窓を開けて換気を良くしたり扇風機で
風を送ったりして早く乾かすようにしましょう

カーテンを干している時に、下に新聞紙を
ひくと除湿効果もあるのでやってみてください

 

酵素系漂白剤は漂白効力はあまり強くないため
カビが取れないことがあります。

 

それでも、どうしてもカーテンのカビを
落としたいという場合に柄の入ったカーテンや
色物のカーテンで部分的な色落ちを覚悟で
最小限に色落ちをしないでカビを落す方法
というのがあります。

 

どうしても、カビを落としたい!時にやって
みてください。

用意するもの
塩素系漂白剤
綿棒

 

塩素系漂白剤を水で薄めます。薄め方は、水を
多めにして最初は薄めに作ってやってみて
それで落ちない場合は徐々に塩素系漂白剤の
量を多くするようにしてください。

水で薄めた塩素系漂白剤を綿棒に染み込ませ
カビがついた部分に直接ちょんちょんと
塗ります。
塗った後、30分~1時間ほどそのままにします

 

時間が経ったら、固く絞った濡れタオルで
水で薄めた塩素系漂白剤をつけた部分を叩いて
水拭きをします。

この方法でしたら、薄めた塩素系漂白剤を
つけた部分だけ色落ちしますが他の部分は
元のまま。

 

スポンサードリンク

 

point8_9sレースカーテンのカビ除去方法

ここで紹介する方法は、レースカーテンにカビ
が付いて間もない早期発見した場合に有効な
手段になります。

用意するもの
・塩素系漂白剤
・ゴム手袋
・使い古しの歯ブラシ

 

まず、色柄物のカーテンと同じように陰干しを
してよく乾燥してから使い古しの歯ブラシや
ブラシを使ってカビで黒くなってしまっている
部分をこすってカビをできるだけ落とします。

 

この時に使用した使い古しのはブラシはブラシ
は処分するようにしてください。
カビの胞子がビッシリとついているので^^;

 

この使い古しの歯ブラシやブラシを使って
カビを落としておく処理は、カビを同じ場所
からまた生やさないための大切な作業に
なります。

 

というのも、カビってかなりひつこい性格の
ために繊維の奥にまでカビが侵入している場合
が多いんです。
そのために、表面を拭きとっただけではカビが
また同じ場所に生えてくるのでブラシなどを
使って取り除いておくんです。

 

塩素系漂白剤を使いますので、必ず部屋の換気
をしながら作業をしてください!

ゴム手袋も忘れずにしてから作業を初めて
くださいよ~

 

この塩素系漂白剤ですが、洗濯用のものは
強すぎてレースカーテンをボロボロにして
しまう可能性が高いので台所用のキッチン
ハイターなどを使ってください。

 

大きな桶や浴槽などレースカーテンが浸かる
くらいの容器に40℃~50℃くらいのお湯に
キッチンハイターなどの塩素系漂白剤を表示
されている量より少し多めに入れます。

 

pointoこの塩素系漂白剤を少し多めに
入れるのがポイント!

 

塩素系漂白剤を溶かしたお湯の中にカビの
付いてしまったレースカーテンを入れます。
レースカーテンを入れたら30分~1時間ほど
漬け置きをします。

 

漬け置きが終わった後レースカーテンにカビが
まだポツポツとついていた時は使い古しの
歯ブラシやブラシでこするとカビが落ちやすく
なります。

 

この時に、力を入れすぎるとレースカーテンが
傷んでしまうので軽くこする程度にして
くださいね。

漬け置きが終わったらすすぎを2~3回ほど
します。このすすぎをした時に、塩素系の臭い
が指定なければOKですが塩素系の臭いがまだ
残っているようなら再度よくすすいで塩素系
漂白剤をよく落としてください。

 

後は、レースカーテンを洗濯ネットに入れて
中性洗剤と柔軟仕上げ剤をいれて『ドライ』
コースで洗濯します。

レースカーテンをカーテンレールに取り付けて
陰干しします。

 

色柄もののカーテンと同じように、部屋の窓を
開けて換気を良くしたり扇風機で風を送るなど
して素早くレースカーテンを乾かしましょうね

 

カビが発生してから時間が経ってガンコに
なったカビにはこちらの方法が有効です。

用意するもの
・カビキラー
・ゴム手袋
・マスク
・メガネ

 

こちらも、レースカーテンで色落ちがしないか
チェックしてから作業をしてください。

 

カビキラーはかなり強力なために、レース
カーテンが傷んでしまいますので作業をする
のに傷んでも仕方ないという覚悟をして作業を
行ってください。

作業をする前に、ゴム手袋・マスク・メガネ
をしてから作業をしましょう。

 

レースカーテンをお風呂場などに持って行き
窓を開けるなどして換気をしてからカビキラー
をレースカーテンにタップリと拭きかけます。

 

カビキラーを吹きかけたらそのまま10分ほど
おいておきます。

 

効果を期待して長い時間カビキラーを拭き
かけた後放置しておくとレースカーテンが
黄ばんでしまったりもろくなって破けやすく
なってしまうので10分厳守!!

 

10分経ったら、すすぎを2~3回ほどしてよく
カビキラーを落とします。

 

すすぎをし終わったら、レースカーテンを
洗濯ネットに入れて洗濯機で中性洗剤と
柔軟仕上げ剤を使って『ドライ』コースで洗濯
しましょう。

 

後は、カーテンレールにレースカーテンを
吊るして陰干し。

黒カビのポツポツとした、黒シミは落ちない
場合があります。

 

これは、プロに任せても落とせるかどうか・・
という位付いてしまったら落すのが難しい
のでどうしてもこの黒シミが許せない!と
なった場合は黒カビの付いてしまったカーテン
を処分するしかありません。

 

ダニ駆除 布団カーテンのカビの予防方法と対策方法は?

せっかく落としたカビがまた生えてこない
ためにもシッカリと予防法と対策法をして
おきましょうね^^

まずは、カビ予防のスプレーを作りましょう。

用意するもの
・無水エタノール
・霧吹きスプレー

 

無水エタノールは、薬局などで購入できます。
ただ、消毒用エタノールよりお値段が高めです
^^;

無水エタノール6に対し水4で割ります。

この水で割った無水エタノールを霧吹き
スプレーにいれるだけ。これで手作りのカビ
予防スプレーのできあがり♪

これを、洗濯した後など汚れがついていない
状態のカーテンに拭きかけます。

カーテンを洗濯した後など汚れがついていない
時に吹きかけるほうがが効果が高くなるから
なんです。

 

消毒用エタノールがうちにはあるんだけど
それで作れないの?

 

消毒用エタノールでも、作れますよ~
消毒用エタノール8に対して水2の割合で
割ります。

これを、先ほど無水エタノールと同じように
霧吹きスプレーに入れればOKです。

 

無水エタノールと消毒用エタノールの違いは
【濃度の差】で成分は同じですのでどちらを
使ってもOKです。

 

無水エタノールのほうが、お値段が高めです
から消毒用エタノールのほうがおさいふには
優しいですw

 

このカビ予防スプレーをしたからといって
絶対にカーテンにカビが生えてこない!
というわけではありません。

 

やはり、カーテンの湿気や冬の結露をそのまま
にしておいたらカビ予防スプレーの効果も
半減してしまいます。

 

このカビ予防スプレーですが、カーテンだけで
なくお風呂場や窓に吹きかけてもカビ予防に
なるのでカビが生えやすい場所に使ってみて
くださいね♫

 

梅雨の時期になるとどうしても、湿気で
ベトベトしがちに・・・

 

湿気は、カビにとったらドンドン増えるぞ!
というくらいカビには大好きな状態になって
いるので除湿機をつけたり除湿シートを
カーテンの下に引いて湿気を少しでも飛ばす
とカビが生えてしまう確率が低くなります。

 

チョット、見た目が悪くなりますがカーテンの
下に新聞紙をひくと除湿効果があります。

冬の間は、どうしても窓に結露ができやすく
なってしまいます。この結露をそのままに
しておくとカーテンにカビが生えてしまう
原因に・・・

結露ができてしまったら、めんどくさい><と
思わずに水滴をシッカリと拭き取りましょう。

 

この結露を防ぐ方法として、カーテンを分厚い
ものに替えてみると結露による水滴が劇的に
少なくなりますよ^^

 

カビが生えてしまうのはやはり湿気が多いと
特に派生しやすくなるのでこまめに換気をする
のが友好的な手段です。

 

ま と め

カーテンにカビが生えてしまった時は、カビの
胞子が繊維の奥に入り込んでいるので使い古し
の歯ブラシやブラシでそのカビの胞子を叩き
だす処理をしてから酵素系漂白剤や塩素系
漂白剤を使ってくださいね。

 

この最初の手間をするのとしないのでは、カビ
がまた同じ場所から生えてきてしまうという
ことがなくなるので^^

 

塩素系漂白剤を使うので、どうしてもカーテン
が傷んでしまうためにカーテンの寿命が短く
なってしまうデメリットを覚悟してこの作業は
してください。

 

カビの胞子がそのままになっているカーテンは
アレルギーなど健康被害がでてしまうので早め
に処置をするようにしてくださいね。

 

スポンサードリンク

    関連記事

    1. 夏休みの工作 女の子低学年でも簡単に作れる可愛いもの♫ No.2
    2. toiresouzi
    3. 寒さ対策 服の着方のポイントを紹介!
    4. katen1
    5. 浴衣帯 リボンの結び方簡単で可愛いのをいろいろ集めてみた!
    6. 夏休みの工作 低学年の女の子でも簡単に作れる可愛いもの♫ No.1
    RETURN TOP

    そのシワ、外からのケアだけで効果がでてる?出ていないなら身体の中からケアしてみない?

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫