紫外線の影響で髪の毛がパサパサする原因は?ダメージケア対策と予防法は?

紫外線 影響 髪

 

日差しが強くなってくる季節になるとどうも
髪がパサパサしてしまうの・・・・

彼氏にも「なんか、最近髪傷んでない?」
なんて言われちゃってΣ(゚Д゚)

 

肌の紫外線対策はしていたんだけど、髪の
パサツキこれってもしかしたら紫外線のせい?

 

女性にとって、髪にツヤや潤いがなくなって
ぱさつくとオシャレをしてもテンションが
下がってしまいますよね~

 

そこで、紫外線によって髪がパサパサになって
しまう原因をしってシッカリとヘアケアする
方法をここで知っておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

check04_blue40x40紫外線の影響で髪の毛がパサパサする原因は?

実は、髪の毛は肌よりも弱いって知って
います?

 

肌には、紫外線対策をシッカリとしていると
思いますが髪にも紫外線対策をしているという
人は殆どいません。

 

髪は肌よりも弱いというのに、肌が浴びる
紫外線の量よりも2倍~3倍も多い紫外線を髪は
毎日無防備に浴びているんです。

 

紫外線のダメージを吸収してくれるのは、
メラニン色素なのですが現代はオゾン層の破壊
などで昔よりも太陽からの紫外線の影響が強く
なっているんです。

 

そのために、本来紫外線から守ってくれるはず
のメラニン色素も破壊されてしまい髪が脱色
したように茶色くなったりパサパサの髪に
なってしまうんです。

 

メラニンの量が少ないのが、白人種ですがこの
人たちの多くは金髪もしくは銀髪です。

 

少しメラニンの量が多くなると、赤毛や栗毛に
なりますが日本人の黒髪よりも圧倒的に
メラニンの量が少ないんです。

 

日本人の黒髪は、メラニンがとても多い
という証拠なんです。

 

その紫外線からのダメージを一番最初に受ける
のが髪のキューティクル。

 

このキューティクルが強い日差しや長時間の
紫外線にさらされると剥がれてしまったり
壊れてしまいます。

 

キューティクルが剥がれてしまうと、その中に
ある油分や水分が抜けたり乾燥してしまって
切れ毛になったりゴワゴワしたりパサパサに
なったりしてしまうんです。

 

そして、このダメージを受けてしまった髪は
簡単には元には戻らないんです。

オシャレのために、カラーリングをするのが
最近では当たり前のようになっていますが実は
このカラーリングはメラニン色素を無色化して
しまいますので紫外線からのダメージに弱い
髪に自らしているということなんです。

 

しかし、近年はオゾン層の破壊などで紫外線も
強くなっていますのでいくら黒髪でメラニンが
紫外線を吸収してくれるとはいってもなんの
対策もしないと確実に髪が劣化していくだけ
です!

 

check04_blue40x40紫外線の影響で髪の毛がパサついた時のダメージケア対策と予防法は?

l1頭皮の熱を下げる
日焼けしてしまった頭皮は熱を持っているので
最初に冷たいシャワーを浴びるか濡れたタオル
を使って頭皮の温度を下げましょう。

 

頭皮が炎症などを起こしているとかゆくなって
くることがありますが、頭皮の熱を下げると
このかゆみもおさまってきます。

 

l1頭皮マッサージをして血行を促進する。
先程もお話したように、一度傷んでしまった
髪は簡単には戻れません。

 

これから、健康な髪の毛が生えてくるように
頭皮マッサージをしたほうが一番早くツヤや
ハリのある髪になる近道なんです。

 

頭皮マッサージをするときには、オイルを
付けて頭皮の油を浮かせて血行を促進させる
ケアがオススメです。

 

マッサージをする前に濡れタオルをレンジで
1分~2分温めた蒸しタオルを頭に巻いて毛穴を
開いてからするとより効果的です。

 

タオルが冷めたら、頭皮にオイルを付けて
マッサージします。

 

 

マッサージ終了後、お湯で一度すすいでから
いつものようにシャンプーリンスをします。

 

この時に使うオイルは、ホホバオイルがベスト
です。

ホホバオイルは、人間の細胞にふくまれる成分
に近いと言われているからなんです。

 

>>オーガニック認定を受けている頭皮に優しいホホバオイルを見てみる<<

 

あなたの好みのオイルは使ってもOKです。

 

スポンサードリンク

 

l1頭皮にも化粧水を使って水分補給

頭皮も、肌と同じように紫外線でダメージを
受けてしまうとカサカサと乾燥してしまいます。

 

肌のケアをするのと同じように、化粧水を
使って水分補給をしてあげます。

 

この時、普段肌のケアをしているものを使う
のがベストです。
顔と頭皮はつながっているからなんです~

 

もし、もったいないな~と思うなら刺激が
少ない容量が多い安めの化粧水でもOKです^^

 

この時に、化粧水をケチらないでた~っぷりと
使うのがポイントです!

 

l1トリートメントを使ってのヘアケア
紫外線の影響でパサパサしてしまった、髪の毛
には栄養分をなるべく早く補給してあげます。

補修効果の高いトリートメントを使って、
集中的にヘアケアをしましょう。

 

シャンプー後、トリートメントをタップリと
付けて蒸しタオルを頭に撒いて温パックします。

 

トリートメントは、地肌には付けないように
しましょう。地肌に付けてしまうと髪のベタ
つきの原因になってしまいます^^;

 

タオルをまいた後に、アルミ製のシャワー
キャップなどをかぶって10分~15分。

 

保温効果も加わってさらに髪に栄養が浸透して
ダメージケアの効果が高くなります。

 

トリートメントは、しっかりとよく流して
くださいね~

 

すすぎ残しがあると、後でカユカユになったり
フケの原因になってしまいますよ!

 

シッカリとトリートメントをすすいでも、
トリートメントの成分は髪の中心部に浸透して
いますのですすいだくらいではその成分がなく
なってしまうということはありません。

 

l1髪の自然乾燥はNG!
ドライヤーを使って、完走させるほうが髪の
キューティクルを痛めてしまうのでは?と
思って自然乾燥をしてしまうのは絶対にNG!

 

自然乾燥させていると、髪のキューティクルは
開きっぱなしのままで傷んでいる髪をさらに
傷つけるだけでなくせっかくトリートメントを
して髪に栄養を補給しているのにその栄養を
吸収しにくくしてしまうんです。

 

濡れたままだと、菌やカビが増殖してイヤな
ニオイを発生させてしまいます。

洗い終わったら、タオルで水気を優しく叩く
ようにとります。

 

この時、タオルでゴシゴシこすってしまうと
摩擦で余計に髪が傷んでしまいます(+o+)

 

ドライヤーを使う前に、髪にヘアオイルを
付けて髪から20cm離してドライヤーを
揺らしながらかけましょう。

 

キューティクルを傷めないように根元から毛先
に向かってドライヤーをかけます。

 

この時、最初のうちは根元を中心にドライヤー
を色々な方向からかけてあげるようにします。

 

あらかた乾いたら、最後に冷風をかけて
キューティクルを引き締めます。

 

l1身体の中からダメージケア
髪をキレイに再生させるためにも、食事から
髪の再生に必要な物をとりましょう。

 

髪を再生させるのに重要なのはタンパク質!
大豆や肉・魚(特に青魚)を食べること。

 

頭皮の血行を良くして新陳代謝をうながす
ビタミンA・B・E群を摂る。

玄米・レバー・アーモンドなどのナッツ類。
緑黄色野菜・牡蠣など

 

髪の発育や白髪予防にもなる、メラニン色素が
主成分のイカ墨など。

 

バランスの取れた食事をとることがポイント!

 

そして、髪のダメージを予防することが髪の
パサつかない痛めない最大の防御です。

 

外出するときには
・UVカット効果の高い日傘をさす
・UVカット効果の高い帽子をかぶる
・日陰を選んで歩く

これだけでも、紫外線から髪を守るのには
十分です。

 

UVカット効果の高い日傘や帽子も、2年~3年
も経つと効果が半減してしまいます。

 

3年経ったら、新しい物を購入してくださいね^^

 

さらに、紫外線を予防する方法としてUV
ヘアケア剤を使うということも効果的です。

 

スプレータイプの日焼け止めもあるので
それらも使ってみるといいですよ。

 

ま と め
紫外線の影響で傷んでしまった髪は、元に戻す
ことはできませんが栄養を補給してあげれば
ある程度のパサツキは軽減することができます。

 

食事や外出するときに紫外線を浴びないように
して、トリートメントや頭皮マッサージをして
艶やハリのあるキレイな髪を目指しましょ(≧∇≦)b

 

スポンサードリンク

    関連記事

    1. 紫外線は曇りのほうが強い
    2. 紫外線対策に効果的な食べ物と飲み物は?NGな食べ物はコレ!
    3. 紫外線 肌
    4. 紫外線で頭痛
    RETURN TOP

    そのシワ、外からのケアだけで効果がでてる?出ていないなら身体の中からケアしてみない?

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫