飛行機で持ち込み化粧品で禁止のものは?化粧水は?国内線と国際線の場合は?

飛行機持込み禁止

 

友人と旅行にいく計画を立てている
最中なんだけど、飛行機の機内に持ち込み
できない化粧品や、化粧水なんかがあるって
チラリと耳にしたんだけど・・・・・

どんなものがダメなの?持ち込むときに
何か、特別なものに入れないとダメなの?

 

せっかくの楽しい旅行に行くのに、飛行機の
機内に持ち込むことが、できないものを
持って行ってしまってトラブルに発展!
>Σ(・∀・;)

なんてことにならないように、ココで
機内に持ち込むことが、できないものを
確認しておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

Listmark_itimatu3飛行機に持ち込む化粧品で禁止のものは?化粧水は?

化粧品については、機内への持ち込みが
禁止されているものはありません。

 

ただ、化粧水などの液体のものについては
持ち込みをするときに、持ち込める
量の制限と、液体の化粧品類を入れる袋が
必要になります。

 

国内線の場合と、国際線の場合では
液体でも、機内に持ち込みができる
量の制限が違うんです。

化粧品の中でも、チョット落とし穴的な
ものとして、スプレータイプのものも
持ち込める量に制限があります。

▲目次に戻る

 

Listmark_itimatu3飛行機に持ち込む化粧品で禁止のもの、国内線と国際線の場合は?

先ほども紹介したように、機内に持ち込み
が禁止されている化粧品はありません。

 

液体のものと、スプレータイプに
ついては、飛行機に持込みするときに
制限がありますが、国内線と国際線では
制限が違います。

 

まず、国内線での持込みができる量等を
紹介します。

化粧品(香水・ジェル状のもの
マニュキュアなど)は、1つの容器で
500gか500ml以下最大2kgか2Lまで
でしたら持込みができます。

 

制汗剤スプレーは、機内に持ち込みする
場合と、預ける場合どちらも1つの容器が
500ml以下。

最大2Lまでが、一人で持込みができます。

 

夏の間など虫除けスプレーも持って
行きたい!と思うあなたの場合
こちらも制汗剤スプレーと、同じで
1つの容器が500ml以下でしたらOK
です。

最大でも2LまででしたらこちらもOKです。

 

このスプレータイプのものですが、
ちょっと厄介なことになる場合が
あります。

 

「可燃性」「微可燃性
記載されているものは機内には
持ち込みできませんし、カウンターにも
預けることはできません。

 

それ以外のスプレーでしたら、カウンター
などに、手荷物として預けてしまうなら
制限を超えなければ大丈夫
なのですが・・・・

 

機内に持込みができるものとして、肌に
直接つけるものでした、ら機内の持込みが
できます。

肌に直接つけないもの、消臭スプレーの
ようなものは機内の持込みができません。

 

この肌に、直接つけないけどスプレー
タイプのものってありますよね?

例えば、ヘアスプレーなどは肌に直接
付けませんし、ヘアムースや男性が使う
使うシェービングフォームなどは
飛行機の中に持込むことができます。

 

国内線では、一つの容器に500gか500ml
以下であれば、最大2kgか2Lまでなら
持込みができます。

 

スプレータイプのものは、肌に直接つける
ものであれば、1つ500g。

最大2Kgまでは持込みが可能。

 

化粧品や医薬品・医薬部外品であれば
持ち込むことができます。

この時【火気と高温に注意】
と表示されているものは、機内も
カウンターなどに、預ける荷物でも
持込みは不可。

 

ボディースプレーなどで
高圧ガススプレー】
と表示されているものも危険物に入るので
飛行機には、持込みも預ける荷物でも
禁止です。

 

問題は、国際線の場合は国際線の時よりも
制限や規制が厳しいんです。

 

スポンサードリンク

 

まず、化粧品の中でも液体のものに
ついてが厳しいので、その点をシッカリ
と把握しておかないと、その場で破棄
(捨てる)ことになります(^_^;)

 

液体のものというと、判断がつきにくく
なるものもありますが、ようは容器など
に入れ ないと、その形状を保てない物
は全て液体にふくまれると
考えてくださいね。

 

リキッドタイプのファンデーション
マスカラ・クリームタイプの化粧下地
スプレー式の化粧水(エヴィアンなど)
日焼け止め。

これらのものは、液体のものにふくまれる
ので注意です><

 

液体の化粧品は一つにつき100mlもしくは
100g以下の容器に入ってるもの。

 

この時、100mlもしくは100gよりも多く
入る容器に移し替えてあっても持込みが
できないので注意してください!

詰替えなどをする場合に、容器は100均の
ものでOKです。

ただ、100均の容器はキャップなどが
シッカリとしていない、ものもあって
中身が、出てきてしまうことがある
ので小さなビニール袋に入れておくこと
をオススメします。

 

これらの化粧品は、ジップロックなどの
ジッパーがついた透明なプラスチックの袋
【容量が1リットル以下】
のものに入れます。

 

motikomi
出典:http://www.narita-airport.jp/jp/security/liquid/index.html

縦20cm×横20cm。総合計が
40cm以内になる袋。

この時、マチがついているタイプの
ジッパーがありますが、マチ付き
場合は、容量が1リットルを超えてしまう
ので使うことができません。

 

マチ付きとは、底がひだになっていて
分厚いものなどを、入れてもヒダの
部分が広がるものです。

 

100円均でも売っていますし、コンビニ
スーパーなどでも購入することが
できます。

空港の中でも、ジップロックを販売
しているお店もありますよ^^

 

このジップロックの袋ですが、他の手荷物
とは、別にして持っておいてください。

 

手荷物の検査上で、検査をする係員の人に
提示しなくてはいけないからです。

 

機内に持込みをしたい化粧品
(液体のものも)は、化粧ポーチの中に
入れていると、出国をする時に開けて
中身を出すように!と言われ運が悪いと
没収されてしまうこともあるので、
前もってジップロックの袋に移して
おくことをオススメします。

 

ここでは、透明な袋ということで
ジップロックを紹介していますが、
ジップロックでなくてはダメ!という
わけではありません。

 

透明で中身が見えることと『スムーズに
ファスナーの開閉が可能』であれば
OKです。

あれもこれもと、詰め込みすぎで
開け閉めができない状態ではNGです。

 

開け閉めができる状態まで減らせば
持込みはできますが、減らしたものは
破棄することになってしまうので
捨てる事のないように、必要最小限の
化粧品をいれることがベストです^^

 

例外というか、液体のものに当てはまら
ないものとして、コンタクトの洗浄液
保存液・目薬・点鼻薬といったものは
医薬品の取り扱いとなるので、透明な袋に
入れる必要はありません。

 

チョット、液体のものなのかな?と疑問に
思ってしまうものとしてメイク落としの
シート・ウェットティッシュですが
これらは、液体のものの対象ではない
ので、袋に入れなくても持込みができます。

 

スプレーについては、国際線も国内線の
規定と同じです。

 

免税店などで購入した、化粧品は
100ml以上でも機内に持ち込む
ことができます。

ただしこれは、直行便の場合のみ
なんです。

 

大きな落とし穴があるのが
乗り継ぎの場合・・

乗り継ぎがある場合ですが、乗り継ぎ先の
便で、空港の外にでなくても免税店で
購入したものはNG❢荷物検査の時に
破棄させられます。

 

ただ、一度預けたスーツケースを受け取る
時間があるならば、スーツケースの中に
入れれば大丈夫です。

この方法は、乗り継ぎの時間が1時間以上
ある時ならできる方法です。

 

利用する航空会社によって、ルールが
異なりますので、全ての航空会社に
当てはまるわけではありませんが
乗り継ぎがあるときは、免税店で液体の
化粧品などは購入しないほうが
いいでよ~

 

どうしても、購入したい(≧∇≦)bという
場合は、最後の乗り継ぎの時でしたら
破棄されることもありません。

▲目次に戻る

 

ま と め

女性でしたらやはりお化粧品は、飛行機の
機内に持込みはしたいものですよね。

 

でも、国内線はわりと規制などがゆるいの
ですが、国際線の場合は厳しいので
注意しないと折角の楽しい旅行が
台無しになってしまいます。

せっかく持ってきた化粧品が、どんなに
高価なものでも、捨てなくてはいけなく
なることのないようにしてくださいね~

▲目次に戻る

 

スポンサードリンク

    関連記事

    1. 飛行機でのお化粧
    2. 飛行機でコンタクト
    RETURN TOP

    そのシワ、外からのケアだけで効果がでてる?出ていないなら身体の中からケアしてみない?

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫