紫外線は曇りの日が一番強いの?晴れの日よりも?日焼け止めは必須?

紫外線は曇りのほうが強い

 

友人と話をしている時に、チョット気になる
ことがあったのよね~

 

曇りの日でも、紫外線は以外に強いんだって。
私は、晴れの日だけ紫外線対策すればいいと
思っていたんだけど・・・・

 

晴れの日は、やっぱり紫外線が気になるので
紫外線対策もバッチリとは思うのですが・・・

 

曇りの日でも紫外線は強いのか?晴れの日より
強かったりするのかといった疑問をここで
解消しておきましょう!

 

スポンサードリンク

 

list_m03_pink18x18紫外線は曇りの日が一番強いの?晴れの日よりも?

曇りの日でも、紫外線は意外に強いんです。

 

しかし、晴れの日より強いということは
ありません^^;

 

あなたももしかしたら、晴れの日より曇の日の
ほうが紫外線は強いんだ!という話を聞いた
ことがあるかもしれませんがこれは間違いです。

 

快晴の日よりも、曇りの日は若干ですが紫外線
は弱くはなっていますが降り注いでいます。

 

薄曇りの時は、快晴の日よりも約80~90%
曇りの日は、約60%の紫外線が降り注いで
いるんです。

 

雨の日も、もちろん紫外線は約30%ですが
降り注いでいるんですよ!

 

どうも、曇りの日が晴れの日より紫外線が強い
という噂は曇の日は紫外線が降り注いでいない
と思って紫外線対策をしていないためにそんな
うわさ話が広がったのではないでしょうか?

 

紫外線の怖いところは、地面の種類によっても
反射してくるんです。

 

新雪で80%
砂浜で10~25%
水面で10~20%
草地や土で10%以下。

そして、普段生活している私達の足元にある
アスファルトでは10%も紫外線は反射して
肌に降り注いでくるんです。

 

スキーやスノボをやる方はもちろん、雪の多い
地方の人は特に冬場は紫外線対策をシッカリと
しておかないとシミやそばかすが出来てしまう
という怖いことになってしまうんですΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

 

あなたも聞いたことがあると思いますが、
紫外線は5月が最も多く真夏と同じくらいと
言われています。

5月から、紫外線対策はしておかないと
いけないだけではないんです。

 

曇りの日に、外に出かけないし一日部屋の中に
いるから紫外線対策は特にしない~なんてこと
していません?

 

実は、私もついやってしまっていたんです。

ところが、紫外線ってガラスも通ってしまう
んですΣ(゚Д゚)

 

それも、肌のハリや弾力を低下させメラニンの
色を濃くしてしまう紫外線A波だけはガラスを
突き抜けて肌に降り注ぐんです。

 

そして、一日の中でも一番紫外線の量が強く
なってしまうのはAM11時~PM14時の間!

 

じゃあ、その時間までに紫外線対策をして
おけばいいんじゃん!と思っていると・・・

 

AM8時を過ぎた時点でなんと正午の75%もの
紫外線量が降り注いでいるんですよ。

 

うっかり外へゴミ出しや洗濯物を干したり
なんてことをしていたら肌を日焼けさせている
ってことなんです。

 

それも、真夏の昼間に1日3分間以上紫外線を
浴びると皮膚の老化が進行してしまうんです。

 

朝の洗顔後のスキンケアは基礎のものだけで
はなくUVケアもシッカリとしておかないと。

 

紫外線のピークは5月から8月ですが・・・・

 

夏の暑さが和らいでくる9月や10月になると
紫外線対策をサボってしまいますがそれでも
真夏の40%~70%もの紫外線量が降り注いで
いるんですよ。

 

スポンサードリンク

 

list_m03_pink18x18紫外線は曇りの日でも日焼け止めは必須?

これらのことからもわかるように、日焼け止め
1年中365日しておくのは必須!なんです。

 

紫外線は3種類あるのですが、これは波長の
長さによってわけられています。

 

その中でも、肌の奥の真皮までに届いてシワ
やシワ・たるみそして肌の老化を引き起こす
のが【UV-A】

 

この【UV-A】は、地上に到着する紫外線の
約90%も占めているんですよ。

 

【UV-A】は、1日の中でもAM9時~PM14時
ごろが一番強くなります。

 

日の出とともにこの【UV-A】は、かなりの量
が降り注いでくるので要注意です。

 

【UV-B】は、波長が比較的短いので直接日光
に当たらなければある程度は防げる紫外線。

 

日焼けをした時に、肌が赤くなったりシミや
そばかすの原因になり肌を乾燥させて
しまったりするのがこの【UV-B】

 

【UV-B】は、AM10時~PM14時頃までが一番
強く降り注ぎます。

 

【UV-A】と【UV-B】のピークは、5月~8月頃。

UVケアによく『PA+++』という表示がされ
ていますがこれは【UV-A】を防ぐ効果を
表しています。

 

PAの後の+(プラス)の数が多いほど【UV-A】
の防御効果が高いという意味なんです。

 

そして、『SPF』の表示があり数字が高いほど
肌が赤くなったりして炎症を起こす【UV-B】
を防御する効果が高いということなんです。

 

ま と め

紫外線は、曇りの日でも、意外に多く降り
注いでいるだけでなくガラスをも通ってしまう
のでUVカットは毎日しないと女性にとっては
肌の老化を早めてしまうというとても怖い
ことに・・・・・

 

あなたの防ぎたいのが【UV-A】なのか
【UV-B】なのかによってもUVカット日焼け
止めのどれを選ぶかが変わってきます。

 

日焼け止めは、2時間~3時間毎に塗り直しを
すると効果的ですよ^^

 

スポンサードリンク

    関連記事

    1. 紫外線対策に効果的な食べ物と飲み物は?NGな食べ物はコレ!
    2. 紫外線 肌
    3. 紫外線 影響 髪
    4. 紫外線で頭痛
    RETURN TOP

    そのシワ、外からのケアだけで効果がでてる?出ていないなら身体の中からケアしてみない?

      このサイトについて

      baku

      管理人の夢喰いと申します^^

       

      この度は、私のつたないサイトへ

      来てくださり感謝します(*^^*)

       

      日常生活の中で、わからないことや

      どうしたらいいのか?

       

      といったことを解決する豆知識や便利な

      生活情報など毎日が楽しくなるような情報を

      お届けします♫